FC2ブログ
  • home >
  • 低山 (岐阜県)

猿啄城~明王山  アルプス展望♪

お天気に恵まれた日曜日、主人と義妹のYちゃんと明王山へ出かけてきました♪
明王山へ登るのは2度目ですが、今回は坂祝町の登山口から
猿啄(さるばみ)城経由で向かいます (^^ゞ

猿啄城についてはこちら(wikipedia) →   (☆をクリックしてね)

P1080662_convert_20120516105851.jpg

最初の ちょっとキツイ登りを登りきれば、心地よい新緑の中をお散歩 ^^
よく歩き慣らされた道なので、とても歩きやすい。

P1080683_convert_20120516105924.jpg

ツツジの季節ももう終わりかな。。。 辛うじて奇麗に咲いていたツツジをパシャリ♪

P1080692_convert_20120516110001.jpg

猿啄城址(265m)に到着。 登山口から20分もあれば辿り着けます。

P1080693_convert_20120516110041.jpg

立派な展望台を登ってみると・・・

P1080695_convert_20120516110113.jpg

爽快な景色! 

P1080696_convert_20120516110144.jpg

御嶽山(右)と 乗鞍(左)も大きく奇麗に見えています♪

P1080699_convert_20120516113951.jpg

ちょっと霞んではいますが、恵那山も確認!

P1080697_convert_20120516114347.jpg

眼下を流れるのは木曽川。

P1080702_convert_20120516110214.jpg

20分程度の登りで、こんな良い景色見れるなんて素敵~
しばらく展望台で景色を楽しんでから、石碑の裏へ回って、
今日の目的地 明王山へ向かいます。

P1080707_convert_20120516110241.jpg

途中で、各務野自然遺産の森から繋がっているアルプスハイキングコースと合流しました。

P1080718_convert_20120516110311.jpg

吹き渡る風が本当に心地よく、登山道は日陰、暑過ぎず最高に良いお天気!

P1080722_convert_20120516110346.jpg

明王山(380m)山頂に到着。 登山口から1時間ちょっと。
これぐらいの登山だと負担がなくていいな。。。^^;
お昼時ということもあって、大勢の方で賑わっていました。

P1080723_convert_20120516110415.jpg

どこの山にも、主の様なおじいちゃんがいらっしゃるもので、、、
丁寧に何度も山の名称を教えてくれました(笑) ^m^

雪をうっすら被っているのは能郷白山。

P1080742_convert_20120516110458.jpg

高賀山、ふくべヶ岳

P1080726_convert_20120516110531.jpg

御嶽山(右)と乗鞍岳(左)

P1080736_convert_20120516110739.jpg

目を凝らして見てください。 雪を被った中央アルプスの山なみ。

P1080737_convert_20120516110808.jpg

恵那山

P1080739_convert_20120516110838.jpg

乗鞍の奥、中央付近にちらりと見える雪山は、穂高の山。
おじいちゃん曰く、双眼鏡があれば、槍ヶ岳も確認できるらしい。。。
そぅなの!? 双眼鏡買わなきゃ…!

P1080728_convert_20120516110642.jpg

またまた目を凝らして、雪山のピークを3つ確認して下さい ^^;
右側、なだらかな山の肩にちらりと見えるのが笠ヶ岳。
中央付近の奇麗な三角形の山が黒部五郎。
黒部五郎の左に薬師岳。

P1080741_convert_20120516110612.jpg

写真で見るよりも、肉眼で確認した時の方が、はっきり奇麗に見えました♪

こんな市内の外れの低山から、北アルプス、中央アルプスの山々を確認できるなんて、
ちょっと感動ものです☆ いや、すっごい感動しました♪
前回登った時は霞んでしまっていたから、こんなに展望の良い山だとは思わなかった ^^ゞ

なんだかんだ言っても、やっぱり北アルプスに愛着があって、、、
まだまだ行きたい場所がいっぱいあって、、、
黒部五郎、薬師を眺め、今年は裏銀座か立山方面かなぁ・・・と
色々妄想してました (*^0^*)

一度登っただけでは、山の魅力って分らないものだな。って感じた一日でした ^^
今度は双眼鏡を持って登り、槍の穂先を見つけよ。。。(*´∀`*)♪

相戸岳 ~展望の山~

相変わらず花粉症に苦しむ毎日ですが、
温かく春らしい一日になった日曜日は、なぜか鼻の調子が良かったので
久しぶりの登山へ出かけてきました♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

低山ながら、大展望だという噂の 『 相戸岳 671m 』 (岐阜県山県市)。
前々から登りたいと思っていた山のひとつ。

相戸白山神社前の駐車場に車をとめて出発。大杉が立派!

P1080199_convert_20120409125152.jpg

今回は、西登山口から登り、東ルートで下るコースを選択。
西登山口までは、田舎道をトボトボ10程歩きます。

なんて、のどかな景色 ^^

P1080202_convert_20120409125108.jpg

菜の花も奇麗で、うきうきした気分になります♪

P1080203_convert_20120409125029.jpg

別荘に面した道を進むと、西登山口へ着きました。

P1080204_convert_20120409124951.jpg

登り始めは、ぬかるんだ場所もありましたが、あとはとても快適な登山道。

P1080211_convert_20120409124915.jpg

急登の連続でしたが、苦しさの中に心地良さを感じる程度の急登☆

稜線に近づくと、木々の隙間から素敵な景色がチラリ *^0^*

P1080220_convert_20120409124759.jpg

最後の急登を超えると、、、 山頂らしき場所が。

P1080223_convert_20120409124725.jpg

国旗がはためく山頂に到着~。 
駐車場から1時間10分。久しぶりの登山なので、これぐらいの山がベスト ^-^;

P1080234_convert_20120409124651.jpg

山頂からは、素晴らしい景色。

西側  真っ白く輝く山は能郷白山。

P1080225_convert_20120409124607.jpg

南西側 権現山 花房山 雷倉。
伊吹山もうっすら姿を見せていましたが、写真では分かりずらかったので
伊吹山の写真はパス。
 
P1080232_convert_20120409124251.jpg

南側  私達のホームグラウンド、金華山や百々ヶ峰もはっきり見えます。(中央奥)

P1080227_convert_20120409124531.jpg

東側  高賀三山。
マラソンの高橋尚子さんで有名になった、高賀の名水は、この高賀山から湧き出たもの。 
有名になる前は無料だったので、時々汲みに行ったりもしましたが、
有料になってからは一度も行っていません ^-^;

P1080239_convert_20120409124455.jpg

期待を裏切らない大展望! お気に入りの山リストに追加。。。 ^^♪ 

下りの東ルートも、急斜面。 駐車場に着いた時には、膝が笑ってました ^-^;
道中、展望がないので、急斜面に耐えながら下るのみ。
下山の時間は45分でした。

下山後は、近くにある武芸川温泉へ。
温泉が近くにあるのも、ポイントが高いです☆

温泉につかって、さっぱりした後に、
寄ってみたいなぁ…と、思っていた場所へ。

ギャラリーカフェと呼んだら良いのでしょうか。。。 『是』さん。

武芸川温泉からすぐなんですけど、道からちょっと入った場所にあるので
穴場的なカフェです。

P1080255_convert_20120409124150.jpg

P1080254_convert_20120409124122.jpg

玄関で靴を脱いで入ると、こんな素敵な空間☆
心地よいジャズが流れ、店主のおじさまも、カッコ良いです。。。 (^^ゞ

ギャラリーというだけあって、絵や器、椅子などの作品を見ているだけで楽しいです。

P1080246_convert_20120409124045.jpg

メニューは、ドリンクが4種類程。シンプルさがまたカッコイイ。
トレイや器、ドリンクに付いてくるお菓子一つを取っても、丁寧さが伝わってくる。

P1080248_convert_20120409124012.jpg

秘密にしておきたいような、大人の隠れ家的カフェでした♡


久しぶりの山行、楽しかったです♪
ぐうたら過ごしたこの 2、3ヶ月に、しっかり脂肪を蓄えました T0T
そろそろ本格始動しないと、夏に間に合わない気がするので、
頑張って体を冬眠から起こしたいと思います(笑)

今年もこの山から♪

年が明けて2週間が経ってしまいましたが、、、元旦の御来光登山の記録 ^^;
いつも年明けって、バタバタ忙しい。。。

----------------------------------------------------------------

今年も元旦の御来光登山に選んだのは、権現山。
年に何回登っているんだろう? ってくらい、私達にとっては馴染の山。
愛すべき山です♪

夜更かしが定番の大みそか。
山頂で御来光を見たい! って想いと、寒いしこのままゆっくり眠りたいという
気持ちで、毎年 葛藤しています ^^;

目覚ましを止めて、お互いに 「ねぇ 起きる? 本当に登りに行く・・・?」 

(@_@;) 
長~い沈黙の末。。。

ai : 「やっぱり行こっ! 新しい年の始めに、初日から諦めてしまうなんて、気分悪いし!」

主人: 「そぅ きたか~。 aiが諦めるの期待してたのに(笑)」

どちらが先に諦めるという言葉を発するかの勝負だったようで。 
私の勝ちでした (^^♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

権現山を登り始めてまず視界が開けると、名古屋方面の夜景☆
キラキラ輝いて本当に奇麗。

頑張って早起きした甲斐がありました ^^

P1070864_convert_20120116120133.jpg

稜線に出る頃には、随分 明るくなって神秘的な朝を迎えようとしています。

P1070868_convert_20120116120200.jpg

振り返って西を見ると、伊吹山の姿。 中央奥 かすかに写っているのが見えますか?

P1070877_convert_20120116120239.jpg

山頂の東屋で御来光を待つ人たち。

P1070878_convert_20120116120346.jpg

この日は、恵那山がはっきり見えました。(右奥)

P1070879_convert_20120116120307.jpg

御嶽山の山腹が、ちらっと見えます。(中央奥)
この後も、ねばって待ちましたが雲が切れることはなく、これが限界でした。(>_<)

P1070881_convert_20120116120417.jpg

雲がかかっていたので、予定時刻よりも遅れて昇ってきました。
今年の御来光です!

元旦に山頂で御来光を眺めて、あぁ~っ 新年が始まるんだって実感します (^^♪

P1070888_convert_20120116120453.jpg

朝日を浴びて輝く木々も神々しい。。。

P1070892_convert_20120116120526.jpg

普段、霞んでしまって全貌があまり見えない養老山脈が奇麗に見えました。
そぅ言えば、近場なのに養老山脈もまだ足を踏み入れていない。

P1070896_convert_20120116120608.jpg

遠くを見渡すと、名古屋港や三重の四日市コンビナートの煙突まで良く見え、
本当に爽快な景色が見られた元旦登山でした! 
今年は暖かくて良いお正月でしたよね♪ 今更ですが。。。

恒例行事となりつつある元旦登山だけれど、
これからも毎年のように、寒さと睡魔と闘うのだろうな…(笑)


プチ冒険! 百々ヶ峰☆ 南稜直登~坑口~松尾池 

これからの時期は、地元の低山を健康維持を兼ねて歩きます ^^

またまた 岐阜市最高峰の 百々ヶ峰 417.9m。

百々ヶ峰は本当に色々なコースがあるので、
私達はいつも気分や体調に合わせてコースを組んでいます♪

今回は、怠けた体に活を入れるため・・・ ^-^;
松尾池を西に回って、南稜を直登するコースを選択。

登り始めて20分、山頂との中間地点ぐらいでしょうか、岩場に出ます。

眼下に見えるのが松尾池。
この日も、バードウォッチングの方々が沢山! みんな高そうなカメラを持ってた(笑)

松尾池には茅葺屋根のお食事処があり、景観も素晴らしかったのですが
ここ最近は、ずーっと、ブルーシートが屋根にかけられていて、興ざめな感じ ^^;

2011121111560000_convert_20111212103434.jpg

しばらく急登が続き、山頂に到着。 
登り始めから、45分くらい。 いつも大体これくらいの時間です。

展望台より。
これまた見慣れた景色ですが… 正面に金華山と長良川。

それほど広くない山頂に、この日は20名近くの登山者がいました。

2011121112130001_convert_20111212103536.jpg

人出も多く落ち着かないので、早々と下山をすることに。

さて、下山ルートはどうしますか?
いつもの白山展望台~萩の滝~松尾池ルートは若干飽きた ^^;

じゃぁ。。。
以前、山頂で出会った方に教えてもらった、松尾池へ下るマイナーなルート…
冒険してみますか!?  (*^0^*)

初めて歩く道はとてもワクワクします♪

山頂から、上段の方の西へ向かう道を進み、突き当たりを左手に下ります。
間違えて下段の道を進むと西峰に行っちゃいますのでご注意を。 

見て! 木にぶら下がった、この小さな木の看板!! 可愛いぃ~♪
一応、目印になります ^0^;
このルートに興味のある方は、探してみてください(笑)

2011121112200000_convert_20111212103555.jpg

マイナーなだけあって、静かです ^0^;  一人では使いたくないルート。 
展望も、あまり期待しないで下さい。。。
なかなか急な下りなので、この道を登りに使えば、良いトレーニングになると思います。

2011121112230000_convert_20111212103619.jpg

下山途中から、山頂方面。

なるほど~ 

写真左の一番高い所が、展望台のある山頂。
写真右の岩場が、登りに休憩した岩場です。

南稜の向かいの尾根を歩いている訳ね。
新しい発見でした。

2011121112400000_convert_20111212103644.jpg

もう一つ新しい発見をしました。
ロープの張られた、立ち入り禁止の場所。

2011121112490000_convert_20111212103722.jpg

何があるの? と、覗いてみたら、大きな穴がいくつも! 
足元は2mくらいスコンっと落ちてるし、怖っ (+o+)
目を凝らせば、奥に見える穴の先にも、また別の穴が掘られている。

坑口とだけ書いてあったけれど、石垣もあったし…何の跡?

子供のころ、夢は考古学者! なんて思っていた私には、
こういう探検モノたまりません(笑) ロマンですね~☆
世界遺産、遺跡とか、発掘調査の番組がやっていたら、絶対見ちゃうし ^m^

何度も登っている山でも、知らないことって一杯あるんだなぁ。
プチ探検ができたようで楽しかったです☆

2011121112480001_convert_20111212103703.jpg

ぐるっと回ってきましたよ。
この角度で見下ろす松尾池も、新鮮です。

残念なのは、、、 ねっ、ブルーシートの岩舟荘 ^^;

2011121112570000_convert_20111212103743.jpg

どこに下りるのかな~っと思いながら歩いてきて、出てきたのは
看板もないこの場所でした。

これは気付かずに通り過ぎちゃうよねぇ^^; マイナーな訳だ。
駐車場より少し手前の車道に出てくる感じかな。

2011121113030000_convert_20111212103827.jpg

1時間半の程良い山歩きになりました ^^

この百々ヶ峰、まだ登ってみたいコースがあるんですよ。
これまた、別の登山者の方から教えて頂いたんですけどね。
またいつか、探検してみようと思います (*^0^*)

三峰山 with 未来の山ガール&山ボーイ

「今度、おじちゃんとおばちゃんと一緒に、山登りしようね♪」

姪っ子と甥っ子と交わした約束が、やっと実現しました (*^m^*)

6歳と4歳の ちびちゃん達でも登れて景色の良い山・・・
妹もまだ登ったことがない 岐阜市内の 『三峰山』 (253m)へ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「山 行こ~!!」  元気いっぱいでお迎えに来てくれました ^^

みんなで車に乗り込んで出発!
っと言っても、、、登り口まで10分もかからない超地元低山なんです。


姪っ子も甥っ子も、最初からガンガン攻める ^^
段差のある階段も、四つん這いになって攻める攻める。

細い丸太の階段、甥っ子が掴んだついでに引き抜きました (^-^;)
階段一段 崩壊。。。(冷汗)
大人たちで修復して、、、先へ進みます(笑)

P1070686_convert_20111116091244.jpg

未来の山ガール&山ボーイ、おじちゃんに続け~♪

後姿かわいすぎる。。。 おばバカ全開 (*^m^*) 

P1070687_convert_20111116091151.jpg

最初に景色が開ける場所まで、あっという間に到着。
小休憩もそこそこに、早く行こうよ~!
子供達の体力って凄いね・・・

P1070691_convert_20111116092025.jpg

子供たちのスタミナ源は、マーブルチョコ☆

P1070699_convert_20111116091339.jpg

三峰山には、ちょっとした岩場(ロープ有)があるんです。
この一カ所だけ、姪っ子や甥っ子に登れるかな? っと、少し心配をしていたのですが、
大人達の心配をよそに、二人ともスイスイスイっと登ってしまった。
凄いわ~ アスレチック感覚なのかな!?

P1070701_convert_20111116091405.jpg

一番乗りでこの岩場を登りきった姪っ子は、景色を見て大喜び♪

「景色きれ~ぃ!! みんな早く早く♪」 

写真では分り難いですが、この辺りの低山も、うっすら紅葉し始めている感じ。

P1070702_convert_20111116100450.jpg


ここまで来たら、山頂まであと少し。

姪っ子と手を繋いで、おしゃべりしながら歩く♪

P1070710_convert_20111116091431.jpg

甥っ子は、ママと手を繋いでご機嫌さん♪

P1070715_convert_20111116091459.jpg

ちょっと平坦な道になったら、走る。 これって子供の鉄則!?(笑)
平坦に見えても、木の根っこや、石が飛び出たりしていて危ないから
大人達は気が気じゃない。

特に甥っ子はまだ4歳。ここまで登ってきて、さすがに疲れが足にきている様。
それでも、全速力で走る!

あっ・・・転んだ。やっぱりね (^-^;) 
大泣きしたらスッキリした!?

P1070706_convert_20111116092500.jpg
 
最後はみんなそろって山頂に到着♪

P1070725_convert_20111116091627.jpg

360度の展望だけど、まだこの時期は草木が生い茂っていて、子供達の目線では
景色が見られない。

姪っ子はベンチに登って景色を眺め、甥っ子は おじちゃんの肩車ね。

残念ながらこの日は、遠方が霞んでいて伊吹山・白山・御嶽山・恵那山は眺められませんでした (>_<)

P1070720_convert_20111116091530.jpg

木の看板に張り付いていた 大きな 『カマキリ』 さん。
ビビリで誰一人、掴むことはできず、、、^^;

それなのに・・・ ①~③ リピート。

①怖いくせに木でツンツンする
②すごいスピードで木をつたってきて、パニックで叫ぶ&振り落とす。
③釣りごっこで遊ぶ。

P1070727_convert_20111116091652.jpg

P1070729_convert_20111116091558.jpg

P1070732_convert_20111116093607.jpg

P1070734_convert_20111116093718.jpg

カマキリさん、いい迷惑でしたね。ごめんなさい (-_-;) 遊んでくれてありがとう☆


姪っ子も甥っ子も、器用にロープを使ったり、蟹さん歩きをしてみたり工夫をして
上手に下山をしてくれました ^-^♪

P1070752_convert_20111116094432.jpg

P1070750_convert_20111116091722.jpg

姪っ子が、景色を見てあんなにも感激してくれたこと、
甥っ子が、「楽しい♪」 と言いながら歩いてくれたこと、
とってもとっても嬉しかったです (*^0^*)

P1070746_convert_20111116091749.jpg

また みんなで登ろうね!



プロフィール

ai

Author:ai
地元の低山や、夏のアルプス登山の
記録を細々と綴っています♪

険しい山よりも、縦走をしながら
景色を楽しむ山歩きが好きです。
100名山よりも、200名山・300名山
が好きだったりします…♡

山のお話ができたら嬉しいです ^^

気まぐれに、山以外の趣味についても
綴ったりします♪

カウンター

参加してます♪            Happy Toys Project

QRコード

QRコード

Comments...

Links

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー+最終更新日

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ