スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表銀座縦走 ~燕岳編~

山を愛する人ならば、誰でも一度は歩いてみたいと思うであろう 『表銀座』…
7/16~7/18 の三連休を利用して、主人と妹夫婦と一緒に出かけてきました ^^

予定は・・・

 1日目: 中房温泉~燕岳 テント泊
 2日目: 燕岳~大天井岳~常念乗越 テント泊
 3日目: 常念岳~ 一ノ沢へ下山

2泊3日のテント泊縦走です☆

C2060_convert_20110720104820.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

登り口と下山口が違うので、まずは車一台を下山口のヒエ平 一ノ沢Pへ。

P1040682_convert_20110719175946.jpg

一ノ沢Pに到着したものの・・・下山口近くのPは満車で停められず、
下山口から20分ほど歩かないといけない離れたPに辛うじて停められた (;一_一)
危うし。
早出したつもりでいたのにぃ (T_T)

梅雨明けをしたこの三連休、思っていた以上の人出。
嫌な予感です・・・ 
登り口の中房温泉Pへ急ぎます (ToT)/~~~

中房温泉のPこそ、すごいことになっていました。
結局、車を停めることができた場所は、登山口から1.5㎞下った路肩。
1.5㎞ 路駐の車が連なっているという信じられない光景です (+_+)

登る前に、気分的になんだか疲れた。。。^-^;

何はともあれ、ひとまず、ここから出発です♪

P1040686_convert_20110719180059.jpg

三大急登と呼ばれる燕岳への登山道ですが、
第一、第二、第三ベンチ、富士見ベンチ、合戦小屋と、
程良い距離ごとに休憩をとっていけますし、
登山道も非常に歩きやすいです☆

P1040698_convert_20110719180322.jpg

P1040692_convert_20110719180207.jpg

P1040721_convert_20110719180433.jpg

P1040735_convert_20110719181006.jpg

小休憩&お昼休憩も含め、合戦小屋まで4時間。
さぁ 今日の目的地、燕岳のテン場まで頑張りますか~♪
って気合いが入っていたのに・・・

P1040722_convert_20110719180546.jpg

・・・嘘!? 
え゛~~~~っ!!!
まさか、まさかの展開 (ToT)/~~~
まだ正午だよ!?

合戦小屋のスタッフさんに確認をしたところ、
燕山荘で小屋泊まりか、大天井のテン場まで行って頂くか、
ここのヘリポートにテントを張って頂くかのいずれかです。とのこと。

・・・

テント泊をしたくて重い荷物を担いできているので小屋泊まりはパス。
大天井まで歩く脚力は私達にはない ^-^;
残された選択肢は一つ、ここでテント泊。

合戦小屋で一泊とは、、、なんと中途半端な(笑)
残された縦走路の長いこと (+_+)
予定が狂うなぁ。。。

長い長い縦走のプランを練り直しです。
仕方ありません。

2日目の御来光は、燕岳の稜線上で眺めたいので、今日はここでテント泊をして
夜中にテントを撤収し、燕岳へ向かい、その後、常念小屋まで縦走しよう。

プランが決定したら、早速 テントを張って、おつかれさまビール♪

P1040724_convert_20110719180711.jpg

あ~ぁっ 本当ならば、私達は燕山荘で生ビールを、妹はケーキセットを買い、
槍や裏銀座を眺めてのんびりするはずだったのに。 
すべてお預けです(笑)

合戦小屋の臨時のテン場は、こんな感じでした。
私達が空いたスペースに2張りして一杯に。12張りぐらいでMAXだと思います。
正面に有明山、眼下に安曇野の町が見降ろせました。

P1040737_convert_20110719181154.jpg

夜中出発に合わせて、早めの夕食と就寝。 

・・・zzz♪ 

おはようございます (*´∀`*)

合戦小屋から燕山荘までは、コースタイムで1時間半。
御来光の時間に合わせて、2:50に出発♪

満天の星と、美しく輝く月を眺めながら歩きます。

P1040742_convert_20110719181258.jpg

燕山荘の直下で、妹が 流れ星☆を見たと大はしゃぎ(笑)
頑張って登ったご褒美だね~ (^0^)

コースタイムとピッタリの1時間半で燕山荘着。
テン場・山荘前では、ご来光待ちの方々が沢山。

P1040774_convert_20110719181405.jpg

私達は山荘前にザックを下ろし、身軽になって燕岳山頂へ向かいます♪

富士山も綺麗に見えてる!

P1040794_convert_20110719181810.jpg

穂高連峰・槍・裏銀座方面の夜明け。

P1040789_convert_20110719181626.jpg

波打つ雲海のカッコイイこと!

P1040808_convert_20110719203418.jpg

山頂の手前で日が昇りました。
ご来光を見ると、神々しくて自然と手を合わせたくなる。

IMG_0384_convert_20110719182416.jpg

燕岳(2,763m)山頂から、燕山荘へ戻ります。
雲一つない晴天 (*´∀`*)
稜線は、大天井岳へとず~っと続いています!

主人は4度目、私は3度目の燕岳登山ですが、何度登っても良い山☆
燕岳は初めての妹夫婦も、
『すごい景色!! 奇麗~~!! 気持ち良い~!!』の言葉しか出てきません(笑)

P1040813_convert_20110719201149.jpg

本日の行程は長い長い。
ここでのんびりしている訳にもいかず、名残惜しかったのですが
燕岳、燕山荘を後にします。

さようなら~ またいつか・・・☆彡

P1040819_convert_20110719182136.jpg

さぁ! まず目指すは大天井岳(2,922m)!
(左奥の一番高い山)
長い縦走路の先に大下り、そして随分登り返してるよ。。。 (-_-;)
果たして大天井岳の先の先にある常念乗越までたどり着けるのか・・・

P1040820_convert_20110719182253.jpg

こんなに美しい日に、稜線歩きができるなんて!幸せ~ (o^0^o)♪ 

と、

浮かれていたのはこの数時間後まで、、、

素晴らしくとも過酷な縦走の始まり始まり♪

燕岳からの縦走編へ続く☆
 
スポンサーサイト

プロフィール

ai

Author:ai
地元の低山や、夏のアルプス登山の
記録を細々と綴っています♪

険しい山よりも、縦走をしながら
景色を楽しむ山歩きが好きです。
100名山よりも、200名山・300名山
が好きだったりします…♡

山のお話ができたら嬉しいです ^^

気まぐれに、山以外の趣味についても
綴ったりします♪

カウンター

参加してます♪            Happy Toys Project

QRコード

QRコード

Comments...

Links

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー+最終更新日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。