スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南岳新道  編

(1日目 新穂高~槍平~奥丸山登頂 編はこちらからどうぞ → 

夜が明けました。 槍平のキャンプ場から仰ぎ見ます・・・
おぉ~ 左から北穂、ドーム、涸沢槍、涸沢岳♪

P1050367_convert_20110822093848.jpg

2日目の本日は いよいよ、噂に聞く急登 【南岳新道】へ。
分岐の槍平小屋前にて気合いを入れます (^^ゞ

P1050368_convert_20110822093925.jpg

しばらく笹道を登ると、南沢へ出ました。結構な高度感があります。
ここで落石とか・・・絶対にイヤだ。 さくっと通り抜けたいですね。

雪渓が残っている時期には、この沢を渡るのに気を遣わないといけませんが、
残っていた雪渓は奥に見える一部のみ。
雪渓の場所よりも手前で、渡り切ってしまうので問題なしでした。

P1050378_convert_20110822093959.jpg

雪渓のアップ。

P1050380_convert_20110822094041.jpg

南沢を渡りきってから、いよいよ本格的な登りが始まります。

P1050385_convert_20110822094116.jpg

数えきれない木の梯子、鉄の梯子の繰り返しで、どんどん高度をかせぎます (^^ゞ

ダラダラと長い登山道よりは、いいかも!?
アスレチックみたいで意外と楽しかったりもしました(笑)

P1050390_convert_20110822094146.jpg

景色が開けると、随分 登ってきたんだなって嬉しくなります!

P1050391_convert_20110822094221.jpg

真下に見下ろす 槍平小屋&キャンプ場。

P1050394_convert_20110822094250.jpg

一気に高度をかせぐので息もあがります ^^;
休憩をするにも、この南岳新道は道幅も狭く梯子ばかりですし、
腰を下ろす場所はほぼありません。

強引に岩場にザックをもたれさせる。
本当は、この場所もあまり安全とは言えない場所です (;一_一) 

こんな場所では落ち着いて休憩できるわけもなく、、、早々に出発。

P1050395_convert_20110822094319.jpg

前日に登った『奥丸山』(2,440m) からのびる稜線。
槍ヶ岳へと続いています。

P1050398_convert_20110822094356.jpg

連続する梯子の登山道の次は、ゴロゴロした岩石の道に。。。
あぁ、ここはやっぱり穂高連邦なのだと実感します。

相変わらず急登で道幅が狭い。
バランスを崩すことだけは、絶対に絶対に避けたい (>_<)
岩石の道は得意ではないので、神経を遣いました・・・。
登りに集中するため写真もなし。

無心で登り続け、尾根に出ました!

この場所は景色も良いし、スペースもあるので、地図を片手にゆっくり休憩をとれました。

北穂と涸沢岳に少しは近づいた!?
まだまだ肩を並べるには及ばない・・・

P1050405_convert_20110822094428.jpg

ほらねっ 
望遠にして、まだあんな高いところに人がいるんだもん。。。(笑)

P1050418_convert_20110822094524.jpg

先は長いです。 (+_+);
ひとまず この山超えて・・・

P1050419_convert_20110822094553.jpg

途中に設置されていた救急箱。 心配りが有難いですね☆

P1050421_convert_20110822094625.jpg

私の苦手な岩稜の登りが続き、、、ゆっくり慎重に登って南岳新道の急登終了!? 
・・・なはず。 事前情報では。 

ここまで3時間半。 

P1050422_convert_20110822094747.jpg

その後は、尾根に設けられた平均台のような木道が何ヶ所か。

高所恐怖症の私には、ガスっていて良かったかもです (-_-;)
快晴の絶景だったら・・・足が震えて歩けなかったかも。
そして、強風が吹き荒れていなくて良かった。。。

P1050431_convert_20110822094814.jpg

そして、垂直な梯子を下りたりして、広大なガレ場に出ました。

P1050438_convert_20110822094844.jpg

どんどん ガスってきてます (;一_一)

P1050440_convert_20110822094951.jpg

見上げるとお花畑。
中央アルプスの木曽駒千畳敷カールに似た景色♪

P1050445_convert_20110822095032.jpg

振り返ります。こんな感じで、ガレ場を横切っています。

P1050448_convert_20110822095105.jpg

オッ 南岳小屋まで40分。
1時間を切ると、やる気が湧いてきます ^^

P1050449_convert_20110822095141.jpg

お花も見送ってくれています (*^m^*)

P1050465_convert_20110822095214.jpg

って、これが なかなかのガレ場で登り。
40分って結構長いのね。。。
どんなに見上げても、近づきませんから、一歩一歩進みましょう♪

P1050466_convert_20110822095239.jpg

ガスっていて全く見えないけれど、、、
本当なら、目の前に穂高が見えるはず。 

P1050470_convert_20110822095304.jpg

主人は何気なく歩いて行ってますが・・・

P1050476_convert_20110822095340.jpg

この丸太の橋、これかなり怖いよ!!
あ”ーっ ここもガスっていて良かった。。。 
足滑らしたら谷底までまっしぐら (ToT)/~~~

P1050477_convert_20110822095409.jpg

スグソコ。
騙されてはいけません(笑) 何気に結構ここからありましたょ ^-^;

P1050481_convert_20110822095438.jpg

蜃気楼みたいに浮かび上がった南岳小屋。

コースタイムで槍平から4時間とありましたが、休憩を含め5時間で到着。
6時間~7時間を見込んでいたので、いいペースで登れたようです。
多分・・・休憩したくても休憩できる場所が少なく、否応なく歩き続けたから? ^^;

思っていたほど疲労はない。^^♪ 
直射日光を受けて歩いていたら、随分体力を奪われたと思われる尾根とガレ場を、
涼やかな風の中 歩けたことも大きいと思う。

正面に笠ヶ岳を眺められる場所にテン場はありました。風が強い場所の様で、
各テントサイトには石垣が組んでありました。こういうテン場は初めてです。

そして何より、屋外に設置されたバイオ式のトイレには感動しました☆

このトイレは微生物のついたオガクズを利用したコンポスト式トイレで、
電源には風力と太陽光発電の自然エネルギーを利用しているのだとか。
トイレットペーパーも常備してありましたし、照明カバーも可愛らしく、壁には鏡も!
3000m の山の上に、こんな綺麗なトイレがあるなんて、スゴイことです。

P1050482_convert_20110822095512.jpg

頑張ったご褒美は、やはりスイーツです♪

小屋で手作りドーナツが売っていたので即買い ^^ 
2個で50円☆ 美味しかったなぁ~(*^0^*)
アーモンドチョコは、1個20円☆

P1050486_convert_20110822095547.jpg

携帯で雨雲レーダーをチェックしながら、お天気の回復を待ちましたが・・・
夕日も見られませんでした (;一_一)

雨雲レーダーって、本当に当たるんだね。
ちゃんと予測された時間に、どしゃぶりになりました ^-^;
風も凄くて、夜も浅い睡眠しかとれなかった。。。

おかしいなぁ・・・連休中 『曇りのち晴れ』 だったはずなのに。


どうか神様、翌日の御来光は見させて下さい!!
こんなに頑張ったんだもの (>_<)

私の願いを山の神様は受け入れて下さるだろうか・・・ 


次回は、南岳~中岳~大喰岳~槍ヶ岳 縦走編です☆

スポンサーサイト

プロフィール

ai

Author:ai
地元の低山や、夏のアルプス登山の
記録を細々と綴っています♪

険しい山よりも、縦走をしながら
景色を楽しむ山歩きが好きです。
100名山よりも、200名山・300名山
が好きだったりします…♡

山のお話ができたら嬉しいです ^^

気まぐれに、山以外の趣味についても
綴ったりします♪

カウンター

参加してます♪            Happy Toys Project

QRコード

QRコード

Comments...

Links

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。