• home >
  • 三俣蓮華岳・双六岳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動の三俣蓮華岳・双六岳 & 下山編

おはようございます ^^ 双六 2日目の朝です。 (1日目はこちらから → 
ピーカンなお天気です♪

本日は、軽い荷物で 『三俣蓮華岳』 と 『双六岳』 をぐるっと一周します!
  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

双六小屋前から、双六岳方面へ登ります。 
途中で振り返ると、御来光を眺めた樅沢岳への道が空へ延びている。 

P1060341_convert_20110929133119.jpg

しばらく登ると、双六岳と三俣方面との分岐に出ました。
私達は巻道を進み、まずは三俣蓮華岳を目指します♪

P1060355_convert_20110929133202.jpg

私達以外の方々は、なぜか みんな双六岳方面へ進まれました。
三俣方面から下りてこられる方と2、3人すれ違っただけで、
あとは三俣蓮華岳山頂までのこの登山道を、ほぼ 二人占め!! (*^0^*)
幸せだぁ☆

P1060361_convert_20110929133236.jpg

登山道は、秋の装いをしたチングルマが延々と続きます。
夏の季節は、黄色い花を咲かせて華やかなんだろうな・・・。

P1060373_convert_20110929133312.jpg

あまりアップダウンがない道なので、お散歩道って感じです。
いいな~ こういうの♪ 時間を気にせず、のんびり歩けて ^^

懐が広くて、そっと抱きしめてくれそうな優しい山。 ← このニュアンスわかる!?

P1060379_convert_20110929133346.jpg

ナナカマド&三俣蓮華岳

P1060406_convert_20110929133421.jpg

水晶岳&ワリモ岳&鷲羽岳

P1060409_convert_20110929133456.jpg

あと一登りだね。。。

P1060415_convert_20110929133528.jpg

振り返るとね、こんなパノラマ (^^ゞ
右手にずっとこのパノラマを見ながら歩いてきたんですよ。

自然とこうなっちゃうよね ↓ o(^O^)o

P1060419_convert_20110929133615.jpg

三俣峠。 百名山の鷲羽岳へ向かうには、この峠を右手に下ります。
私達は、山頂へ向かい最後の登りです。

P1060422_convert_20110929133653.jpg

登っている最中も、やっぱり景色が気になるから、何度も振り返っちゃいます。

P1060428_convert_20110929133733.jpg

この山頂の向こう側、どんな景色が待ってくれているの?

P1060430_convert_20110929133818.jpg

山頂間近、左手に笠ヶ岳と、双六岳へ続く稜線が見えてきました!

P1060431_convert_20110929133856.jpg

感動の三俣蓮華岳(2,841m)♪ 絶景をどうぞ (*´∀`*)



雄大な薬師岳。その手前に秘境 雲ノ平!!

P1060436_convert_20110929133945.jpg

鷲羽岳も手を出したら届いちゃいそうな感覚になるほど目の前に。

P1060438_convert_20110929134020.jpg

黒部五郎岳、赤木岳、北ノ俣岳

P1060439_convert_20110929134053.jpg

360度、どこを見ても絶景なので、どちらを向いて休憩しようか迷う ^^;
じゃあ、いつか行ってみたい山へ向かって・・・

薬師岳&雲の平♪

秘境と言われる雲ノ平。
雑誌の特集を見てから、ずっと憧れていたけれど遠くて手が届かないような気がしていた。
でも、三俣蓮華岳から雲の平の山荘を確認できたんですよ。
そしたら、「いつか行けそうな気がしてきたねぇ☆」と。

コーヒーを煎れて、時間を忘れて景色を楽しみます。。。

P1060451_convert_20110929134133.jpg

体力があれば、眼下に見える三俣山荘を通過し、どーんと聳える鷲羽岳に登ってみたかったけど・・・
無理はしません ^-^; 急登っぽいよね。

P1060453_convert_20110929134216.jpg

そろそろ山頂を後にして、双六岳へ向かいますか♪

P1060464_convert_20110929134253.jpg

飛騨側へのびる笠ヶ岳の長い尾根。
こういう笠ヶ岳のアングルは初めてなので、すごく新鮮!
途中から段々、槍に見えてきた・・・

P1060467_convert_20110929134329.jpg

こちらが本当の槍。 険しさが全然違うけど、何か似てる!?

P1060468_convert_20110929134358.jpg

今年の表銀座・槍への縦走では、熱中症にかかったり、強風雨にさらされて辛い思い出しか
なかったけれど、この双六への縦走路は最高です!!

P1060488_convert_20110929134437.jpg

写真では収めきれないパノラマ。

P1060495_convert_20110929134518.jpg

近頃、「もぅ ちょっと槍は見飽きたなぁ~」 なんて言っていた主人ですが、
このスケールで見ちゃうと・・・「やっぱり、槍はカッコイイなぁ!」 だって。 ^m^

P1060511_convert_20110929134549.jpg

双六岳山頂への斜面は、一面 秋のチングルマ。
太陽の日差しを浴びて輝いてるねぇ☆

P1060519_convert_20110929134620.jpg

双六岳山頂より槍ヶ岳を望む。

これこれ~っ。 雑誌によく掲載されているアングル!
双六から延びた一本の道は、一度 双六小屋へ下り、樅沢岳へと延び、西鎌尾根となります。

P1060521_convert_20110929134652.jpg

なんか、日本じゃないみたいなスケール感だよね。

P1060548_convert_20110929134722.jpg

言葉は何もいらないな・・・ 本当に圧倒される景色 (*^0^*)

P1060555_convert_20110929134802.jpg

下山後は、大パノラマの余韻に浸りながら おでん&ビール♪
双六小屋の おでん美味しいんだよね (^^ゞ

P1060584_convert_20110929134840.jpg

最終日の朝です。

P1060593_convert_20110929134920.jpg

前日は御来光を樅沢岳で拝んだので、今回は双六岳への途中の分岐にて。

P1060640_convert_20110929135009.jpg

素晴らしい景色を見せてくれた山々を後にします。

北アルプス、、、奥深いなという印象。 
未踏の地が、まだまだあるなぁ~。しかも日数が結構かかる所ばかり。。。
ひとシーズンで登れる数は知れているけれど、毎年の楽しみとしてこれからも歩き続けていきたい。

P1060672_convert_20110929135052.jpg

下山途中、尾根まで出ると・・・初日にガスっていて見られなかった景色が目の前に!

P1060674_convert_20110929135131.jpg

槍穂のパノラマです。 あの雲の中にこんな景色が潜んでいたとはね ^^
槍ヶ岳へ続く西鎌尾根がダイナミック。

穂高連邦の手前は、お盆に登った奥丸山から槍ヶ岳へ続く稜線。
大キレット間近の南岳~中岳~大喰岳~槍ヶ岳への縦走も思い出される。
あんな所を歩いていたんだなぁ・・・。

P1060675_convert_20110929135208.jpg

下山路は左手に槍穂のパノラマが延々と続きます。

くろゆりベンチ にて。

P1060686_convert_20110929135241.jpg

下ってしまったらもう見られなくなるからと、ゆっくり歩いて満喫。

P1060695_convert_20110929135314.jpg

花見平から見る双六岳。

P1060702_convert_20110929135347.jpg

こちらも花見平から。槍穂の展望台ですね☆

P1060705_convert_20110929135425.jpg

眼下に鏡平山荘と鏡池。

P1060709_convert_20110929135501.jpg

コースタイムの倍の時間をかけて弓折乗越付近まで下りてきました。
どんだけ景色見てたのって感じですね ^^;

双六小屋で、双六~西鎌 槍~南岳~双六を往復10時間で行ってきたというお兄さんに出会った。
すごい脚力だと思う反面、こういう人は景色を楽しんでいるのだろうか? と疑問に思ってしまった。
まっ、山を歩くスタイルや目的は人それぞれで良いわけで、私達は のんびり山行です。

P1060725_convert_20110929135544.jpg

弓折乗越。
いよいよここから本格的な下山開始。 ここからが長いな~。
ひとまず鏡平山荘まで下り、お昼を食べよう。。。

P1060728_convert_20110929135627.jpg

この展望は鏡平山荘までしか楽しめない。心おきなく満喫するのだ!

P1060735_convert_20110929135712.jpg

鏡平山荘 着。

P1060748_convert_20110929135750.jpg

お昼を食べている間に、ガスってきてしまった。ポツリポツリと雨も落ちてきた。
雨に降られたくないな・・・ 先を急ぎ、下山開始。
鏡池に映る槍穂は、また お預けね。

P1060757_convert_20110929135829.jpg

山荘を出てからは、展望もなくなり(シシウドヶ原から、辛うじて焼岳は見れたかな)、
黙々と下りました。

わさび平小屋で、一服。
新穂高まであと1時間。先が見えて、少し気が楽になります (^^ゞ

主人はトマト、私はキュウリを買って頬張ります。
野菜不足になりがちな山行だから、こんな風に新鮮な野菜を丸かじりって嬉しい (*^m^*)
シャキシャキなきゅうり、美味しかった~!!

P1060792_convert_20110929135910.jpg

わさび平からの林道。
クライミングで有名な切り立った鍚杖岳が正面に聳え立って見えます。

緩やかなこの林道、何てことないように見えるかもしれませんが、
小池新道を下ってきた体には苦行です(笑) (+_+)

P1060793_convert_20110929135936.jpg

小雨程度で雨にも降られず、無事に下山。
体力を使い切り、ヘトヘトではありましたが、大満足の山行となりました♪

今回は今まで間近で見たことのない山々を目にできて、新鮮な気持ちになりましたし、
来年への目標もできたかな。。。 (^^ゞ

これから山は紅葉シーズン。
秋山選びもまた迷っちゃいます・・・☆
スポンサーサイト

プロフィール

ai

Author:ai
地元の低山や、夏のアルプス登山の
記録を細々と綴っています♪

険しい山よりも、縦走をしながら
景色を楽しむ山歩きが好きです。
100名山よりも、200名山・300名山
が好きだったりします…♡

山のお話ができたら嬉しいです ^^

気まぐれに、山以外の趣味についても
綴ったりします♪

カウンター

参加してます♪            Happy Toys Project

QRコード

QRコード

Comments...

Links

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。