スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛すべき山☆薬師岳

薬師岳山行に出発したのは、連休初日の土曜日の夜。

その日、夕方まで仕事だった主人を労り、
「今日は私が運転してあげるよ (^^ゞ」 と、車のキーを持って
玄関を出ると、ほっぺに ポツリと冷たい雫が・・・

え”っ 雨ですか??? (-"-)

とりあえず今夜は、富山に着ければいいんだから、ねっ。と
主人をなだめ、車を走らせました。
東海北陸道を走る間は、ずっと小雨が。そして北陸道に入ると・・・
空を切り裂く雷と、ゲリラ豪雨 (ToT)/~~~

さすがに豪雨の中を運転するのは怖くて、途中のPで主人に運転を代わって
もらい、再出発。 そしたらですよ、驚くことに ピタッと雨が止んで、
以後、道路に雨が降った形跡はまったくありませんでした (;一_一)
見事に私が運転した区間のみ、雨、雷、ゲリラ。。。

一体何なんでしょうか。 爆笑している主人の横で、肩身が狭かった(笑)
人って生まれながらに、こういう力を持っているものなのでしょうか!?
久しぶりに今回の雨女ぶりは凄かった ^0^;

そんなことがありながら、無事に富山に辿り着きました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

薬師岳登山口となる折立には、有峰口から有料の道を通らないといけません。
しかも通行できる時間帯が、6:00~20:00と決まっているので、
夜中に富山入りした私達は車中泊。

車中泊に利用したのは、立山アルペン村。(←クリックでHP)
残念ながら、ここは建物の中にトイレがあるため、夜は施錠されていて使えません。
その代り、広い駐車場にセブンイレブンがあったので、とても助かったし便利でした ◎

夜が明けてみると、雲が広がっているけれど、まずまずのお天気。
身支度を済ませて有峰口へ向かいました。 通行料は往復で1,800円。
道路工事をしている区間が所々あり、あまり良い道とは言えません。
道幅も狭いし、夏山のハイシーズンは通行に注意が必要だと思います。

折立(1,350m)のPに着いてみると、100台の無料Pは埋まっていたので、
邪魔にならない路肩に駐車して出発。
登山口には、トイレ・キャンプサイト・無料休憩所 有り。

P1100188.jpg

P1100192.jpg

駐車場が埋まっていた割には、登山道で出会う人がとても少なかったな。
連休初日から入山している人達が多かったのかも。

P1100197.jpg


登山道の印象としては、なだらかな登りがずっと続く感じ。
先月、野口五郎岳へ出かけた時のブナ立て尾根と比べると、とても楽。
今回は山荘泊まりなので、何より荷物が軽い! 
荷物が軽いと、身のこなしも、気持ちも軽くなる? (^^ゞ

P1100220.jpg

P1100222.jpg

三角点(1,871m)まで登ると展望が開けます。

P1100224.jpg

P1100235.jpg

P1100236.jpg

木道が出てきたこの景色。とても素敵です♪
振り返ると、有峰湖が美しい。

P1100240.jpg

P1100247.jpg

P1100251.jpg

P1100262.jpg

その後は、石畳のゆるい階段状の登りが太郎平小屋まで、ずーっと続きます。
登山口から太郎平小屋まで8km。 結構な距離 ^^; 

P1100265.jpg

P1100269.jpg

P1100295.jpg

石畳の階段、奇麗に整備されているのですが、私は苦手。。。^-^;
なんだか歩きにくいし、足に負担がかかる。
足の乗せ方、歩き方が悪いのかな??? 
角が取れた丸い石なので、これは雨が降ったら滑りそう…。

薬師岳の山容も目の前に見えてきて、おぉ~っ♪ 

P1100308.jpg

途中から雲が湧きあがってきて、幻想的な世界に。
今日はこんな天気だろうと思っていたから、いいのいいの ^^

P1100340.jpg

P1100355.jpg

太郎平小屋に着いて昼食のカレー。窓の外は霧雨が降っている。
ここから薬師岳山荘までは、コースタイムであと2時間。
ここはサクッと腰を上げて、上の山荘でゆっくりしよう♪

P1100359.jpg

P1100360.jpg

太郎平小屋から下った薬師峠に、テン場があります。
水場、トイレ、管理小屋 あり。
ここを通過した時は真っ白だったから、写真は下り編で (^-^)

霧がかっていてどんな景色の中、歩いているのかわからない。
でもね~ 翌日には素晴らしい場所を歩いていたんだ!って
分ったんですよ、その景色は後ほどにとっておきます(笑)

涸れた沢沿いは紅葉が奇麗でした☆

P1100390.jpg

P1100394.jpg

緩やかな薬師岳の登山道の中で、もし注意をする場所があるとすれば
ここだと思います。
大雨が降ったりしたら、通行ができなくなる場合もあるんじゃないかな?

このお天気ならば、雷鳥に出会えるんじゃないかと期待をしましたが
結局出会えなかった・・・ (-"-)

P1100398.jpg

登りに集中できたせいか思ったよりも早く薬師岳山荘に到着しました。
山荘の入口の温度計を見てみたら5度でした。

建て直して2年目という山荘は、とてもきれい☆
宿泊受付時には、お疲れ様と温かいお茶を出して頂けて、
女将さんの心遣いが嬉しかったです (*^0^*)
こんな気配りができる山小屋はなかなか無いと、他の登山者の方も
喜んでいましたね~。

体を拭いて着替えてサッパリした後は、やっぱりビ~ル (^^♪
おつまみとビールを持って食堂へ。
こちらで隣り合わせた皆さんと、いつの間にやら宴会に♪
新潟、岐阜、富山 それぞれ出身が違うので、いろんな話で盛り上がり
夕食までの2時間、とても楽しく過ごさせていただきました♪
山小屋泊は、テント泊とはまた違った魅力がありますね☆

P1100428.jpg

富山組の皆さんには、富山IC近くの『すし玉』という安くて美味しい
回転寿司のお店を教えて頂きました!
こういう情報は、地元の方に聞くのが一番ですっ(笑)

この日は、薬師岳山荘 今シーズン最後の夜☆ 
女将さんの計らいで、夕食の豪華なこと!!  
おでん、枝豆、フルーツポンチはバイキング。
レバーの煮付けや牛スジの煮込みも美味しかったけれど、一番感動したのは、
揚げたての小あゆの天ぷら♪  うまい!っと歓声が上がっていましたよ ^^
振る舞い酒で日本酒は回ってくるし、本当にここは2700mの山の中???
って感じでした ^^

布団に入る前に、小屋の外へ出てみたらお星様がキラキラ☆
富山市内の夜景もキラキラ☆と輝いていました (^O^)
これは間違いなく、明日 晴れるね♪♪♪ 
安心して眠りにつきました。。。ZZZ

御来光を山頂で、とは思っていなかったので、朝食を5時前に取り、
その後、山頂へ向かいました。

P1100464.jpg

目の前に飛び込んできたのは、昨日見ることができなかったパノラマビュー♪

P1100484.jpg

雲海がまた素敵! 遠くに白山が見えています☆

P1100493.jpg



薬師岳山荘から、薬師岳の山頂までは約1時間。

途中の避難小屋まで登ってくると、先月登った野口五郎岳が見えた。
あの時は、こちら側を見ていたんだと思うと感慨深い。

P1100546.jpg

祠が祭ってある山頂まであと少し。

P1100520.jpg

P1100524.jpg

着いた~ 100名山 薬師岳 2,926m。

P1100530.jpg

祠の裏に回ると、剱・立山が奇麗に見渡せます☆
ここからこの稜線を辿ると行けるんだね… 遠いな~ ^O^;

P1100567.jpg

ちょっと視線を右にずらすと、針ノ木岳、蓮華岳、爺ヶ岳、鹿島槍、
五竜、唐松、白馬。 後立山の山々がずらりと並んでます♪

P1100544.jpg

薬師岳の東斜面には、大規模な氷河地形の薬師岳圏谷(カール)群があって、
見下ろすと、とても美しいです。
国の特別天然記念物に指定されているんだって。

こうして山頂に立つと、薬師岳って、どっしり腰の据わったお母さんみたい(笑)
その広い懐に包まれている感じがします ^^
温かくて優しくて心地いい♪  そんな感想を持ちました。

P1100573.jpg

さぁ、ここから折立の登山口まで、標高差1600m、10km下りますよ~。
景色を堪能しながら、ロングコース楽しみます♪

一番奥に見えているのは乗鞍、その手前に笠ヶ岳、黒部五郎岳、北ノ俣岳。
綺麗だよねーこの景色!

今回一番惹かれたのは黒部五郎岳。
こちらからは、ほんの少ししか見えていないけれど、カールが美しいはず。
来年、行こうか♪ なんて話をしながら下ります。

P1100583.jpg

このアングル、サマーレスキューっぽい(笑)

P1100597.jpg

山荘に戻ってくると、スタッフの方々が小屋閉めの準備をされていました。
1シーズンを無事に終えて、ホッとされたことでしょう。
山小屋のお仕事は本当に大変だと思います。
女将さん、スタッフのみなさんお疲れ様でした☆
お世話になった御礼を言って下ります。

今回の山行の中で、私が気に入った場所はここ。
薬師岳山荘から、少し下った稜線上から見たこの景色が良かった~!

薬師沢が深くて、雲の平の台地があって、水晶、槍、三俣蓮華、双六、
笠ヶ岳、黒部五郎岳、北ノ俣岳に、ぐるっと囲まれている感じがたまらない(^^ゞ
奥深い北アルプスを眺められて嬉しくなっちゃいました♪
近頃は、どんどん奥へ奥へ興味が湧いています(笑)

P1100617.jpg

P1100637.jpg

P1100645.jpg

P1100664.jpg

薬師峠のテン場。 結構広いです。 水は豊富だし、景色もいい☆
雲の平へ行くには、まずここで一泊になるのかな…
いろいろ妄想登山をしてしまいます ^0^;

P1100683.jpg

太郎平小屋へ続く木道♪ 
主人も、こんなに良い所だと思わなかったな~ なんて言いながらご満悦☆

P1100707.jpg

振り返ると薬師岳、あの山頂から下って来たんだね。

P1100690.jpg

P1100712.jpg

太郎平小屋 着。
前日とは大違いのパノラマビュー♪ 
ファミリー登山だったら、ここまで登るだけでも十分素晴らしい景色が
眺められると思います ^^

P1100720.jpg

水晶岳がとても綺麗に見えます。

P1100726.jpg

トイレ休憩だけして出発。

天気予報では、晴れマークだったけれど、お昼が近づくころには
雲が湧いてきました。
景色が見えなくなってくると、この石畳の道が苦痛で仕方なくなる ^-^;
しかも距離が長いんだな~。。。

P1100761.jpg

こうなってくると、考えることは一つ、『すし玉』!!
頭の中は、『すし玉』の連呼♪♪♪ (^^ゞ
何かご褒美がなければ頑張れません(笑)
早く下りて、お寿司をお腹一杯食べたい~ o(^O^)o

下りながらいつも思うのは、「よくこんなにも登ったなぁ・・・」。
人間の足ってすごいです、結構一日で歩けるもんですよね ^^;

帰ってきた~ 意外と長かった~ 疲れたぁ・・・
標高差を時間をかけてなだらかに登ったり、下りたりするのと、
一気に登り下りするのと、どちらが楽なのかな???
基本的に体力がないので、結局どちらもへこたれるんですけどね (-"-)

P1100790.jpg

今回の山行では燃えるような派手な紅葉ではなく、
渋い紅葉を楽しめました☆

P1100771.jpg

薬師岳はロングコースですが、ベンチが随所に設けてあるので
子供から年配の方まで、どの年代の方もとても歩きやすいと思います。
北アルプスの入門コースと言われるのも納得です☆
夏に出かければ、チングルマが美しい稜線だと思います (^^♪

木道歩きも素敵だし、北アルプスの名峰をずらりと楽しめます♪
富山湾を見下ろすのも気持ちがいい~
薬師岳山荘前からは、奇麗な夜景も楽しめますよ!
魅力いっぱいなお山でした☆

折立から有峰口まで車で戻って、立ち寄り湯は亀谷温泉。
一般のお客さんと下山した登山者と、ごった返していて
ゆっくりできなかった ^-^;

その後は、富山組の皆さんイチオシの 『すし玉』 行きました!!
芸能人の色紙も沢山飾ってありました。有名なお店なんだね~
美味しかったよぉ… (*^0^*)
富山湾、海の幸 万歳~♪ 

P1100792.jpg

一つ山を登ると、登ってみたい山がいくつも見つかります。
来夏まで、しばしのお別れ 北アルプス…
今年も一杯遊んでくれてありがとう♡
また遊びに来るねっ (*^-^*)

P1100278.jpg

長いレポにお付き合いいただき、ありがとうございました♪

スポンサーサイト

プロフィール

ai

Author:ai
地元の低山や、夏のアルプス登山の
記録を細々と綴っています♪

険しい山よりも、縦走をしながら
景色を楽しむ山歩きが好きです。
100名山よりも、200名山・300名山
が好きだったりします…♡

山のお話ができたら嬉しいです ^^

気まぐれに、山以外の趣味についても
綴ったりします♪

カウンター

参加してます♪            Happy Toys Project

QRコード

QRコード

Comments...

Links

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。