スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作りマフラーを、東北に。

お夕飯を作る時、私はいつもTVのニュースを聞きながら準備をするんです。
昨日の夕方のこと、TVから流れてきたニュース特集の内容に手が止まり、見入りました。

放送されていた特集は、手編みの防寒着を震災にあった東北の方々へ届ける活動をしている
名古屋市内の大学生たちを取材したものでした。

寒くなる前に、心のこもった暖かい防寒着を届けたい。とプロジェクトを立ち上げた彼ら。
今では、彼らの活動に賛同した方々から、沢山の防寒着が届いているそうです。
驚くことに、国内のみならず海外からも!

彼らのHP 

jpeg.jpg

被災地への継続的な支援を!と、耳にする度、被災地からも遠く現場でボランティアが
難しい私は、一体どんな形で支援ができるのだろうと、いつも思っていました。

ひそかに思っていたのは、彼らと同じく何か手編みの物を被災地へ送りたいということ。
ただ、個人では、どこを窓口にどのようにしたら届けてもらえるのかわからず、
何も行動に移せませんでした。

そんな折、今回のこの特集です。
彼らに私の想いも託そうと思いました ^^

彼らは、自ら編み物をし、賛同者から届いた防寒着を車一杯に乗せて被災地へ向かい、
仮設住宅を回り、一人ずつ手渡しで、帽子・手袋・マフラー・・・ など
被災者の方が求めている防寒着を届けていました。
現地へ自ら足を運ぶ理由を彼らは、1ヶ月間ボランティアに参加した時に、
顔を見て言葉を交わし、コミュニケーションをとることがとても大切だと学んだからだと
答えていました。

活動をしている学生さんのお母様の姿も印象的でした。
自宅に届く大量の防寒着、、、山積みの段ボールを背に、
心を込めて皆さんが編んで下さったものなので、大切に扱わなければ… と、
一点一点、丁寧に袋に詰めていらっしゃいました。

編み手の想いが、送り手にちゃんと伝わっている、素晴らしいことです!
そして、その思いが今度は、受け取った方々へ。。。

編み物完成品の最終締め切りは12月20日とのこと。
あと1ヶ月しかありませんが、小物なので何とか間に合うかなっ (^^♪


スポンサーサイト

trackback

プロフィール

ai

Author:ai
地元の低山や、夏のアルプス登山の
記録を細々と綴っています♪

険しい山よりも、縦走をしながら
景色を楽しむ山歩きが好きです。
100名山よりも、200名山・300名山
が好きだったりします…♡

山のお話ができたら嬉しいです ^^

気まぐれに、山以外の趣味についても
綴ったりします♪

カウンター

参加してます♪            Happy Toys Project

QRコード

QRコード

Comments...

Links

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー+最終更新日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。