スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動の裏銀座☆野口五郎岳

ほぼ一年前のこと。
針ノ木岳と蓮華岳の山頂から眺めた裏銀座の山々。

大地を切り裂き、えぐるような深い渓谷と、エメラルドグリーンのダム湖。
相反して、そこから力強く圧倒的なスケール感でそびえる山々の尾根は、
延々と続く空の散歩道のようで、それはそれは美しかった・・・

P1070111_convert_20111011143110.jpg
 (ダム湖を挟んで左手が表銀座、右手が裏銀座、正面奥が槍穂)

それまで北アルプスの表銀座を中心に歩いていた私達にとって、
裏銀座のこの景色は今までに見たことがなく、
人出が少なく、静かで奥ゆかしい美しさと、力強さを秘めたこの山域に、
一瞬で恋に落ちた♡

それから、プロフィール写真を、後方に裏銀座が写っているものに変えた(笑)
今度はあの尾根を歩くんだ♪ って、思いを込めて (^^ゞ

そして1年が経ち、先週末、念願が叶いました☆

体力不足の今年は、無理のない計画を立てました ^^;
高瀬ダム横のブナ立尾根を登り、烏帽子小屋のテン場2泊。
軽いアタックザックのみで、野口五郎岳と烏帽子岳を目指します!

少し長いレポになるかもしれませんが、お楽しみ下さい♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

初日。

七倉山荘前のPで車中泊をして朝を迎えました。
身支度をして、6:30 高瀬ダムへ向かうタクシーを待つ。。。
七倉山荘~高瀬ダムまでは、決められた2社のタクシーに乗るか、歩くか。
歩けば1時間半の道のりです。

北アルプスの三大急登といわれる、ブナ立尾根を登るために
体力を温存したいから、もちろんタクシーです (^O^)
さすが三連休の初日、朝一のタクシーに並んだのに一時間待ちでした。

タクシーに乗る時間は10分くらい。あっという間に、高瀬ダム着。
稜線が奇麗に見えて、良い感じにテンション上がってきました♪
正面に見えるトンネルへ向かいます。

2012.09.17烏帽子野口五郎 011

長くて暗い工事車両用のトンネルを抜けると、今度は長い長いつり橋。

2012.09.17烏帽子野口五郎 022

2012.09.17烏帽子野口五郎 026

つり橋を渡ったところに濁沢のキャンプ場があります。(簡易トイレ有、水場なし)
通過して、ブナ立尾根の登山口へ向かいます。
真っ白な砂利に日差しが反射して眩しい~。

2012.09.17烏帽子野口五郎 033

『裏銀座登山口』 ついに来ちゃった♪ 念願の場所。
この登山口が最後の水場となります。

2012.09.17烏帽子野口五郎 036

今年は本当に体力不足。
7月、8月とほとんど山へは出かけられなかった、それなのに
いきなりの本番勝負で、ブナ立尾根 (-"-)
攻めるわ~(笑)

2012.09.17烏帽子野口五郎 056

この時期のテント泊は冷えるから、どうしても防寒着が増えるし
体が温まるものを食べたくて、おでんやら梅酒やら、詰め込んだ。
その結果、荷物が16kgになってしまった。
私にとってこの荷物は、過去 最重量を記録 (ToT)

重くて重くて、歩くスピードも、のろまの亀さんペース…

ブナ立尾根は登り口から小屋まで、階段状の登山道が延々と続く。
タラタラとした登山道よりは、潔くて良いのだけれど
段差の大きい垂直の登りの時は、ザックを担ぎあげるのに苦労しました ^0^;

登山道には、ナンバリングした看板があるので、数字が減っていくごとに
小屋に近づいていると実感できて、精神的に救われました ^^
登山口が12。そこからカウントダウンなのです♪

2012.09.17烏帽子野口五郎 074

お守りのティーカップにゃん太。

2012.09.17烏帽子野口五郎 067

1まで来た~ あと少しあと少し!

2012.09.17烏帽子野口五郎 092

見えた烏帽子小屋!! 

2012.09.17烏帽子野口五郎 099

登山口から、5時間半。 ブナ立尾根を登り切りました!
ちゃんと辿り着けたことに一安心 (^^ゞ

荷物も重いし、体力もないからと、余裕を見て出発しましたが、
トボトボ歩いていたので息があまり上がらず、思ったよりも早く
辿り着けて良かった。 

2012.09.17烏帽子野口五郎 114

テン場は、小屋のまだ先。
あとでまた寄るよ… 

2012.09.17烏帽子野口五郎 119

下調べ通り、小屋に近いテン場はもう一杯。
空いているスペースを探して、どんどん下る ^^;
結局、私たちはテン場の中でも一番下まで下った、池の側に張ることに。

トイレや売店は小屋まで行かないといけないし不便と言えば不便。
小屋までは結構な登りで息が上がってしまう ^^;

2012.09.17烏帽子野口五郎 109

テントを張って、着替えて、ホッとしたら睡魔に襲われ、
お昼寝して起きたら、ガスって真っ白。(~_~;)
夕方から雨が降り、明日はどんな天気なんだろ??? って
思いながら眠りました…ZZZ

そして迎えた朝、テントから外を覗いたら…

2012.09.17烏帽子野口五郎 123

ただただ 綺麗…。

2012.09.17烏帽子野口五郎 126

ひょっとしてピーカンなお天気?

2012.09.17烏帽子野口五郎 151

きゃ〜♪ こんなに良いお天気になるなんて思いもしなかった!
だって台風きてるんだよ。 神様ありがと!

テン場の正面に、唐沢岳、餓鬼岳、燕岳、大天井岳の表銀座の稜線。
小屋やトイレには不便だけれど、このロケーションは最高♪

2012.09.17烏帽子野口五郎 171

念願の裏銀座散歩の始まり♪ 目指すは野口五郎岳!

2012.09.17烏帽子野口五郎 186

振り向いたらこの景色!
立山、劔岳が見え出した。 烏帽子岳もツンとその先端を空にさしている。
針ノ木、蓮華岳、鹿島槍、白馬方面まで見える見える(^-^)

2012.09.17烏帽子野口五郎 212

2012.09.17烏帽子野口五郎 218

何度振り返っても同じなんだけど、それでも振り返っちゃう ^^;

2012.09.17烏帽子野口五郎 226

うわー 、今度は前方に槍さん登場ですよ!
あっぱれ!って感じな表銀座の稜線。 綺麗です。。。

2012.09.17烏帽子野口五郎 230

雲がなんとなく秋っぽいよね。

2012.09.17烏帽子野口五郎 238

おっと! 今度は読売新道 赤牛岳。初めて目にしたけれど、とても大きく雄大!
その後方に並走しているのは、立山から薬師岳へ続く稜線。
どちらも、とても気になる縦走路ですが、これこそ、
本当に体力がなければ歩き通せない難関の道。

あっちもこっちも名山が目白押しで、どこを見て歩けばいいのやら。
こんな贅沢な悩みってあります!? (*^o^*)

2012.09.17烏帽子野口五郎 305

富士山もこんなに大きく見えました!
写真では分かり難かったのでupしませんでしたが、
八ヶ岳も南アルプスも見えていました(^-^)/

2012.09.17烏帽子野口五郎 248

赤牛岳の尾根の先に水晶岳。
こちら側から見る水晶岳良いなー! カッコイイ♪

2012.09.17烏帽子野口五郎 304

所々、岩ゴロゴロな箇所が出てくるものの、浮石は少なく
ほとんどがこんな快適な歩きやすい道。
あーなんて幸せな時間♡

2012.09.17烏帽子野口五郎 259

前日の疲労が足にきていて、こんな快適な稜線歩きでも、
野口五郎小屋に着く頃には、随分、体力消耗(^◇^;)
日差しが結構強かったのもあるかな。

2012.09.17烏帽子野口五郎 318

少しずつ雲が湧いてきていたので、休憩は後回しにして山頂へ♪

2012.09.17烏帽子野口五郎 323

野口五郎岳山頂 (2,924m)より。
槍の西鎌尾根だね、双六、笠ケ岳、焼岳、乗鞍岳、見えるね〜

手前の道が水晶岳へ続いてる。
今回はここまでか… 残念。
いつかこの先を歩いてみたい。。。

山頂で出会った方も、噂では野口五郎岳からの景色は凄い!と
聞いていたけど、予想以上だねって。 ホント本当 ( ´ ▽ ` )ノ

野口五郎岳は、300名山。
本当に不思議なことに、私が大好きになる山は、300名山・200名山が多い。

2012.09.17烏帽子野口五郎 337

本当に水晶岳カッコイイ! この景色だよ、行きたくなるよね♪

2012.09.17烏帽子野口五郎 326

五色ケ原、立山、劔、白馬方面。
五色ケ原のテン場は、今年行けたらいいなと思っていた場所。
お花の綺麗な時期に行きたいから、来年に持ち越しだ。

2012.09.17烏帽子野口五郎 242

あっち向いてー

2012.09.17烏帽子野口五郎 347

こっち向いてー、360度の大パノラマを満喫する。

2012.09.17烏帽子野口五郎 345

この数分後に、一気にガスがかかって真っ白に。
なんて良いタイミングであの景色を見れたんだろ。

2012.09.17烏帽子野口五郎 363

野口五郎小屋に戻ってお昼だ。
お昼はカレーライスって、決めていたのに、なんと御飯切れ。
悲しいかな、チャルメラのカップラーメンになっちゃた(; ̄ェ ̄)

でもね、小屋のお兄さんがとっても優しくて、
カレーライス出せなかったからって、購入したお水代を割引してくれました!

2012.09.17烏帽子野口五郎 364

さあ、のんびりテン場まで帰りますか。
結構歩いてきたんだなって思わせる帰り道。

2012.09.17烏帽子野口五郎 369

高瀬ダムが眼下に見えてます。
あんなところから、自分の足で登ってきたのかって思うと
凄いよね、、、。

2012.09.17烏帽子野口五郎 396

山の斜面中腹にテン場が見える。小屋は登り切って少し下った所。
私達のテントは、あの斜面から下った木々の中に隠れてる。
トイレや、ビールの買い出しに、何度もあの斜面を登り下りするのだから
その苦労分かっていただけます!? (^◇^;)

辛くとも、ビールの飲みたさに往復するなんて、
あー なんて欲深いことか。。。
なんか嫌になっちゃうな (; ̄ェ ̄)

2012.09.17烏帽子野口五郎 411

ビックリしたのが、このブナ立尾根〜野口五郎岳への登山道は
ブルーベリーの宝庫!!
ブナ立の方は背丈の高いブルーベリー、稜線上は、地を這うように
生育したブルーベリーが沢山、本当に沢山実っていました♪

大袈裟ではなく、ブルーベリー狩りができるほど!
袋に詰めて持ち帰りたい衝動に襲われましたが、なんとなく
気が引けて、一粒だけ摘んで食べました(*^o^*)

甘酸っぱくて美味しかったー♪

この後、テン場で出会った外人さんは、ジップロックの袋に
ブルーベリーを沢山入れてました(^◇^;)
りんごと一緒に煮て、ジャムにするんだって言ってました…
えーっ 許されるなら、私も摘んできたかったよ!!! (T ^ T)

別のイケメン君は、途中でシャリバテして、ブルーベリーを
摘んで食べてたら、思ったより時間がかかってしまったって…
どんだけ食べてんの(笑)

みんな自由だ… (~_~;)

2012.09.17烏帽子野口五郎 371

大満喫の裏銀座散歩を終えて、翌日は烏帽子岳へと思っていましたが
朝起きてみると、ガスってる…
一瞬、太陽が覗くかしらと期待したけれど、これが限界。

きっと、、、無理はするな。という助言だね。
今度はあのブナ立を下らないといけないんだから。

2012.09.17烏帽子野口五郎 427

登りに老廃物を出してデトックス、下りは、マイナスイオンを
たっぷり吸い込んで、体全体に行き渡らせる。
あーっ 生き返る、新しい活力が満ちてくる感じ ( ´ ▽ ` )ノ

早朝のこの空気感が好きだな〜。

2012.09.17烏帽子野口五郎 438

登山道は秋の気配。 夏山の季節って短かいね …

2012.09.17烏帽子野口五郎 439

2012.09.17烏帽子野口五郎 443

2012.09.17烏帽子野口五郎 444

2012.09.17烏帽子野口五郎 441

苦手な下り、疲れたよー
小屋から3時間、ほとんど階段なんだもん… ^^;

足もパンパンっ!
太ももなんか、競輪選手並みに張っちゃったんじゃないかっていう
感覚が2日ぐらい続きました (~_~;)
脚力不足の中、ホントによく歩いたと、我ながら褒めてあげたい(笑)

家に帰ってから、義母に、
「その体のどこに、あんな荷物を担ぐ力があるの? ^^; 」 って。

だよねえ…私も分かりません。
150cmに満たない ちびっ子のくせして、とても丈夫なんですよね ^^;
いや、たくましいと言うべきなんでしょう。。。

2012.09.17烏帽子野口五郎 458

憧れの裏銀座、今回は、ほんの一区間しか歩いていませんが
それでも期待を裏切らない、本当に素晴らしい景色に出会えました☆

裏銀座の魅力は何かな?

・表銀座の稜線、赤牛岳〜水晶岳の稜線、立山〜薬師岳の稜線、
この壮大な3つの稜線を横目に並んで歩けること
・槍穂を正面に歩けること
・振り返れば、後立山の峰々が控えていること
・何より人出が少なく、この景色、私のもの〜!的な贅沢感があること(笑)

昨年当たりから、夫婦揃ってこの山域に魅了されています。
私達にとっては、ほとんど未開拓のエリアなので、
これからの楽しみが存分に詰まった夢の場所です…☆

長いレポにお付き合い頂きありがとうございました!


スポンサーサイト

comment

devilmanさんへ

あー本当だ〜
正しく、私たちのテントです(^◇^;)
二日目は独占してましたから、ひょうたん池の
側で目立っていたかもしれません(笑)

見つけて下さりありがとうございます♪
  • 2012/09/29(土) 08:39 |
  • ai |
  • URL
  • [編集]

aiさんたちのテント

こんなところで。。見つけてしまいました。
これきっと、aiさんたちのテントだね。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-225862.html
ちがうかな??
  • 2012/09/29(土) 05:43 |
  • devilman |
  • URL
  • [編集]

ふみさんへ

裏銀座って、北アルプスの中でも奥深いエリアで、
今までなかなか足を踏み入れられなかったから、新しい発見が一杯!!
景色の素晴らしさは想像以上、期待以上(*^0^*)♡
ホントに、あの山も、この山も行かなきゃ~♪ ってなるよ!

テン場に着いたら、ザックの重さも、登りの苦しさも、すぐ忘れちゃう(笑)
でも16㎏は、もう二度と担ぎたくないな…(-_-;)

自然と向き合うと、自分自身とも向き合えるんだよね、、、
この時間って私自身にはとっても大切♪
ふみさんも、きっと同じだよね!

ふみさん達が出かけられる穂高の岩稜登山とは、また違った魅力があります♪
裏銀座、是非、お出かけ下さい♡
  • 2012/09/27(木) 11:38 |
  • ai |
  • URL
  • [編集]

no subject

aiさん、こんにちわー(^-^)
ついに裏銀座ですね! すごいよー。
北アルプスには、まだまだ未知の領域がいっぱい。
16キロのザックを担いでいくaiさん、たくましいです。
山に登る時って、ホント初日がいちばん苦しいですよね。
でも、あのすばらしい景色を見てしまったら、苦しかったことは忘れて、感動で胸がいっぱいになります。
まさに、自然と1対1で向き合うことができる瞬間 \(^o^)/
そして、今度はあの山へ、あの山のむこうへ・・・と、どんどん希望がわいてくるよ。
わたしも、いつかきっと、裏銀座に足を踏み入れてみたいと思います!
素敵なレポを見せていただいて、ありがと♪
  • 2012/09/27(木) 10:48 |
  • ふみ |
  • URL
  • [編集]

目目連さんへ

初めまして。コメントを頂きありがとうございます ^^

烏帽子~野口五郎岳間の稜線から眺める景色の中で
水晶岳の存在感とカールの美しさは際立っていました!

水晶岳の日帰りですか、、、凄いですねぇ!
私達もいつか水晶岳へ♪と思うのですが、どこから目指しても
行程が長いので、経験と体力をつけてからの
チャレンジとなりそうです (^^ゞ

裏銀座の小屋は表と比べると、渋さというか
佇まいに風情があって良かったですよ☆

山岳部の出身でも、山の会に所属しているわけでもない
私達ですので、目目連さんの記事から、
色々と勉強させていただきます。。。^^
  • 2012/09/26(水) 13:12 |
  • ai |
  • URL
  • [編集]

いつかは・・・

いつかは・・・と思いつつ、気付いてみればこのコースには足を延ばしてない。
水晶岳の日帰りをもくろんでいて延び延びになってます。
年齢とともに体力が落ちるので、早めに行かねば・・・。

綺麗な写真と詳しいレポありがとうございます。
やっぱし水晶は、こちら側の方がカール群があってかっこいいですね。
小屋も『山小屋』って感じで情緒があっていいなーと。

最近、当方のブログに『重要事項』を載せたので、見ていただいてコメントいただければ幸いです。

では、次のレポ楽しみにしてます。

  • 2012/09/26(水) 10:12 |
  • 目目連 |
  • URL
  • [編集]

rommyさんへ

ありがとうだなんて…^^;
この感動を共感していただけて嬉しいです☆

今回は烏帽子から野口五郎岳までしか歩けませんでしたが、
それでも大興奮、大感激の山行になりました!
昨年から温めていた念願のコースo(^▽^)o
期待を上回る絶景でした!
rommyさんもいつか、是非、是非、是非、お出かけ下さいね♪

16kgの荷物は重すぎでした…( ̄◇ ̄;)
身長測ってみようかな、、、縮んでるかも。
荷物下ろした反動で身長が伸びればいいのに。。。(笑)
  • 2012/09/25(火) 22:47 |
  • ai |
  • URL
  • [編集]

yukkyさんへ

絶景でしょ〜っ (*^o^*)
写真もいいけれど、、、実際の景色のスケール感は
写真ではとても伝えきれない!!

山登りって、辛いだけじゃないんですよね( ´ ▽ ` )ノ
登山には魅力がいっぱい!
おばあちゃんになるまで続けられる趣味に出会えて
良かったなーって私も思います☆

yukkyさんも、これからどんどん登山楽しんで下さいね♪
  • 2012/09/25(火) 22:32 |
  • ai |
  • URL
  • [編集]

ステキ~!!

aiさん、こんばんは♪
まずはステキな景色をありがとう~!
このひと言に尽きます!!
烏帽子岳から野口五郎岳、ずう~~っと歩きたいって思っているルートなんですよ~
だからaiさんの写真を見て、すごく興奮してます(笑)
16キロはすごいですね。
私も結構チビなので、重い荷物を背負ってるとさらに縮んじゃうんじゃ!?と心配になってしまいます。
私もいつか行けますように・・・


素敵すぎます!!!

写真がまずキレイ☆
そして、雲の流れと山が、雰囲気あって
すごくカッコイイ!!

わーすごい興奮しました!

16kgもの荷物をもって、あの山を登られたとは!

それにしても絶景ですね~!!

去年まで、山登りに興味がなかったのですが、
山登りという楽しさに気づけて良かったなぁって
思います!

私もまた、山登りたくなりました◎

ふろどさんへ

裏銀座良かったよー!! 
北アというと、槍穂は存在感があるから目立っちゃうんだけど、
北アの奥深さを感じられるのは、このエリアだと思った☆

あとね、出会う人達が、表で出会う人達よりもマニアックで面白い(笑)
烏帽子のテン場で会ったイケメン君は、新穂高から双六、鷲羽、水晶、
野口五郎経由で烏帽子に来ていて、その後は稜線をひたすら歩いて
白馬の先、新潟日本海まで!って。
凄くない!? (笑)
本当の山好きさんが集うエリアってる感じで、オススメだょ♪ 

双六も素晴らしいから是非ぜひっ(^O^)/ 
  • 2012/09/25(火) 13:08 |
  • ai |
  • URL
  • [編集]

どもー
凄い!そして羨ましい!!
やっぱり裏銀座はいいね♪今年は双六目指す予定だったんだけど、みんなの予定が合わず断念・・・
来年はオレも行ってみたいなぁ^^

aiちゃん達が行ったこのエリアの記事見てオレも去年から行きたくなってます!
  • 2012/09/24(月) 23:39 |
  • Nao(ふろど) |
  • URL
  • [編集]

ayakoへ

怖いと思っている時は、行かない方がイイはず。
来年は無理のない荷物、体力つけてリベンジしよう!
蝶以外でね(笑)

低山なら、一緒に行けそうだね( ´ ▽ ` )ノ
また連絡します♡



  • 2012/09/24(月) 07:24 |
  • ai |
  • URL
  • [編集]

今年は結局あれから山に行けず、マーも今年は登る気にならないみたいだから〈石が怖いらしい(^_^;)〉、来年こそはリベンジしたいなぁ~o(^▽^)o  蝶ヶ岳以外で!!らしい(笑)

野口五郎岳もいい景色だねぇ~(*゚▽゚*) こうゆう景色見てると行きたくなる(^-^) これからだと低山だね!
  • 2012/09/23(日) 23:55 |
  • ayako |
  • URL
  • [編集]

devilmanさんへ

年に二度もあの景色に会いにいけるなんて羨ましい!
本当に素晴らしい稜線ですよねー!!
devilmamさんのレポを読んで、もうこれは行くしかないって♪
今回の山行を決めました( ´ ▽ ` )ノ
稜線歩きの日に、天候に恵まれてツイていました(^-^)
念願の場所でしたので大大大感動でしたよ!

野口五郎小屋のお兄さん、とても感じの良い方でした☆
山小屋のご主人さん達の人柄に惹かれて、山小屋に
泊まりたくなる気持ちわかります(*^o^*)

笠ヶ岳もテン場離れているんですね…
テント装備では登れそうにないので、小屋泊まりで
いつか出かけたいと思っています。
小屋泊りなら、ビールも楽チンで飲めますし(笑)

池のそばの烏帽子のテン場は不便でしたが、
あのロケーションが気に入って、二日とも同じ場所に
張りました。二日目は貸し切り状態で贅沢な時間を
過ごすことができましたよ☆
夜中には、星が水面に写ってキラキラ輝いてこれまた感動☆
朝焼けは幻想的で本当に美しかったです!!

大切な山がまた一つ増えました♡
私達もいつか雲の平までチャレンジしてみたいです(^-^)/
  • 2012/09/23(日) 22:44 |
  • ai |
  • URL
  • [編集]

秋晴れ、素晴らしい。

aiさん
レポート、今か今かと毎日覗きに行っていましたが、そんな災難に見舞われていたんですね。。お気の毒でした。

で、レポート、読ませていただいたのは、何と野口五郎の帰りの車の中。。
予定通り、小屋閉め直前の週末に、野口五郎小屋に泊まってきました。だいぶ色づいていましたよ。土曜日はまあまあのお天気で、同行した北アルプス二回目のイケメン君は、あの大展望に大感激。
翌日は残念ながら雨とガスでしたので、すたすたと降りてきたら、野口五郎小屋から濁沢の登り口まで3時間半。。荷物は軽かったけれど、飛ばしたつもりもんなく、お喋りしながら歩いていただけなのに。
やっぱり、展望のある時に、如何にそれに見入って、写真撮ったりしている時間が長いかってことみたいです。

それにしても、秋晴れですねぇ。素晴らしいお天気。僕の時はここまでではなかったので、うらやましくなりました。本当に、大大大展望ですよね。

でも、16キロは、あの登りでは辛かったでしょうね。二泊のテン泊で、テントなどはご主人がお持ちになったとしても、そうとう食材が詰まっていたようですね。
食の充実も大切ですからね。重くても、その甲斐があったのではないですか。

それと、ちなみに、笠が岳のテント場からビールを買いに、笠が岳山荘まで10分の岩の直登を、やっぱり登ってしまったこともある僕ですから、お気持ちわかりますよ。

池のそばのテントスペース、いいな、と思ったら、そこに張られたんですね。朝の光景が素晴らしいですね。

来年もまた行く予定です。

きれいな写真、ありがとうございました。
  • 2012/09/23(日) 19:12 |
  • devilman |
  • URL
  • [編集]

makiさんへ

16kgは二度と担がないことに決めました^^; 垂直の階段の時は、
ウェイトリフティングみたいでしたもん(爆)

登山をすることで、血の巡りが良くなったり、
デトックス効果は絶対にあると思います! ただ
やっぱり日焼けには要注意かもです…
今回の登山で、主人に「そんなにシミあったっけ!?」って!
ショックでかすぎる〜( ̄◇ ̄;)
元々、美容に無頓着なことも災いしてると思うんですけど…
まだお若いmakiさんは、間に合います(笑)
登山のお肌ケアは充分にしましょう( ´ ▽ ` )ノ

裏銀座、是非お出かけ下さい♪
  • 2012/09/23(日) 18:38 |
  • ai |
  • URL
  • [編集]

16kg!aiさんすごいですね!

山登りってお風呂にも入れないし、日焼けするし
スキンケアもあまりできないし美容に良くないことしてるのかもって思っていましたが、aiさんの記事読んでハッと気づかされました(>_<)
デトックスできて、マイナスイオンをたくさん吸って美容にいいですよね!
プラスに考えます(^o^)笑

詳細なレポありがとうございます☆
私も裏銀座行きたくなりました♪

はい、ご褒美をもらっちゃいましたo(^▽^)o
この山域は、北アの奥深さをとても感じられる場所ですね。
いつかは、秘境の雲ノ平まで♪

結構涼しかったので、ビールは飲まないかな…
なんて思ってましたが、やっぱり飲みました^^;
夕食が、おでんや鍋だったので仕方ない仕方ない(笑)

写真では分からないかもですが、ちびっ子なんですよ(^◇^;)
  • 2012/09/23(日) 10:01 |
  • ai |
  • URL
  • [編集]

重い荷物を担いであがったご褒美が
すごかったですね。がんばって登った
人だけが味わえるすばらしい世界です。
ほんとうに美しい。青空に山肌が映えます。

ビールのためなら這ってでも買いに行きたい
ですね。基本です。

北アルプス、奥が深いですね。
いつかは雲の平・・・まずは減量です・・・

150cmに満たないちびっ子だったんですね(笑
  • 2012/09/22(土) 18:35 |
  • ブル |
  • URL
  • [編集]

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

ai

Author:ai
地元の低山や、夏のアルプス登山の
記録を細々と綴っています♪

険しい山よりも、縦走をしながら
景色を楽しむ山歩きが好きです。
100名山よりも、200名山・300名山
が好きだったりします…♡

山のお話ができたら嬉しいです ^^

気まぐれに、山以外の趣味についても
綴ったりします♪

カウンター

参加してます♪            Happy Toys Project

QRコード

QRコード

Comments...

Links

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。