スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

針ノ木雪渓&針ノ木岳

雪渓を歩く針ノ木岳へ出かけてきました。

天気予報よりも実際は良い天気になって、山の上の景色、期待大 ^^

扇沢駅でおトイレを済ませて、登山口へ。

P1120068.jpg

前回は10月の頭に登ったので、見える景色も随分と違って感じる。
緑が眩しいねえ (*^^*)

P1120074.jpg

ブナ林もご覧の通り。

P1120086.jpg

それにしても日差しが凄い。。。 不安が過ぎります ^-^;

P1120097.jpg

登山届を受け取ってくれたおじさんから言われた通り、
鯉のぼりを目印に歩みを進めます。 

P1120098.jpg

大沢小屋では、トイレ休憩を。

P1120106.jpg

一度歩いている道は、何となく先の行程がわかるから、
この辺りから、いよいよだな… と、ワクワクするような
気が重くなるような… 複雑な気持ちで歩いてました(笑)

P1120108.jpg

人生初の雪渓歩き。。。 ここを登って行くのね。

P1120115.jpg

雪渓の取付までもう少し。 振り返ると綺麗な爺ヶ岳☆

P1120118.jpg

ここで軽アイゼンを装着。
本当に日差しが凄くて、雪で照り返しもあるし、これは万全の日焼け対策が必要。

P1120145.jpg

軽アイゼンを付けても、なかなか上手く歩けません。
コツがあるんでしょうかね。。。 想像以上に大変でした (T0T)

雪渓を登り始めたのは、7時頃でしたが、すでにシャーベット状に
なってきていて、足が取られて滑るし力が入らないし、荷物重いし~(涙)

P1120173.jpg

何気に傾斜がきつい… (ToT)/~~~

立ち止まって息を整えたくても、ズルっと滑り落ちそうで怖くて
これは難儀ですわ。。。

P1120178.jpg

ふわりふわりと泳いでいる鯉のぼりを目印に歩くのだけど、すぐそこが遠いよ~。

P1120187.jpg

派手に大の字に転んだのは、この上の辺りでしたか・・・ (+o+)
起き上ろうにも背中の荷物は重い、足を立てようとすると
そのままずり下がって落ちていくし、先を行く主人は気付いてないし (;-;)

はぁ~ どうにもなんないや ^^;

開き直って私は、しばらくうつ伏せ大の字のまま休憩 (笑)
この姿勢から見上げる景色、なかなか無いな…とか意外に冷静。

P1120197.jpg

仕切り直すと、なぜかすんなりと立ち上がれたりするのもので…不思議。

P1120202.jpg

最後の最後、針ノ木小屋手前の直登が一番キツかった (>_<)!

P1120205.jpg

無事登り切りました。 針ノ木小屋到着~!

P1120206.jpg

空を見上げたら彩雲が♪ なんか嬉しい御褒美 ^^

P1120211.jpg

今回、針ノ木岳を選んだのは、雪渓歩きもそうだけど、それ以上に
このテン場で泊まりたかったから。

前回は小屋泊だったからね。
その時に目を付けていた場所にテントを張ることができました (*^^)v
針ノ木のテン場は、ひとつひとつの区画が小さいしそれほど張れないので
注意が必要かも。
私達のテントは3人用ですが、張れる場所が限られていましたから。

有難いことに、針ノ木のテン場の おトイレは無料です。
トイレットペーパーも付いています。ありがとうございます!

昨年登った野口五郎岳への稜線、燕岳~大天井~常念岳の稜線、
正面奥に槍穂。いい眺め♪

P1120213.jpg

振り返ると、、、爺ヶ岳、鹿島槍、白馬と綺麗に見えてますね♪

P1120222.jpg

昼食後、針ノ木岳へ向かったのですが、途中で引き返しました ^-^;
1時間もあれば山頂まで行けるのですが、どうも慣れない雪渓歩きで、
随分と体力を消耗したみたいです。。。

P1120225.jpg

テントに戻って、おやつタイム♡ 
疲れた時は甘いものに限ります。塩豆大福 (*^0^*)
体力は無くなるのに、食欲ってなくならない。 不思議 www

P1120244.jpg

今日が終わっていく・・・

P1120268.jpg

夕暮れ時の雲って、いいよね。。。

翌朝の針ノ木岳アタックに向けて、就寝 zzz

P1120274.jpg

御来光に合わせ、4:00出発。

山頂へ向かう中間あたりで剱岳の頭が見えてくる。
主人は針ノ木岳から眺める剱岳が大好きだ。

P1120289.jpg

槍穂方面。

P1120291.jpg

一瞬で雲が湧き、七倉ダムへ吸い込まれていく。幻想的。

P1120295.jpg

日の出の時刻を過ぎたけれど ^^??? こんな日もあるさ。

P1120297.jpg

それにしても、薄衣をまとった山々の美しさと言ったら。。。
神々しいな。
爺、鹿島槍、白馬方面。

P1120308.jpg

針ノ木岳からの景色と言ったら、やっぱりこのアングルかしら!?
黒部ダムと剱岳・立山。

P1120311.jpg

360度のパノラマを、ブツ切りにしないといけないこの写真が
心苦しいのですが、稜線が繋がっているものとして心の目で見て下さい!

立山~五色ヶ原方面
肉眼で対岸の五色ヶ原山荘を確認できました!
当初の予定では、五色ヶ原に行く予定だったんですけどね。

P1120312.jpg

五色ヶ原~薬師岳方面
昨年登った薬師岳。やっぱり雄大だな。

P1120313.jpg

確認できるのは・・・
薬師、水晶、赤牛、野口五郎、槍穂かな。

P1120314.jpg

七倉ダムを境に、左手が表銀座、右手が裏銀座の山々。
正面奥が槍穂。

P1120315.jpg

おっ、顔を見せてくれました。太陽さん おはようございます♪
蓮華岳方面。

P1120324.jpg

太陽がのぼってから撮り直すと、はっきりわかりますね。

槍穂、乗鞍、野口五郎、水晶

P1120325.jpg

表銀座、燕~大天井~常念

P1120332.jpg

綺麗だよ~! 剱岳・立山

P1120339.jpg

前日に針ノ木に登れていれば、行く予定だった蓮華岳。
蓮華岳も本当に好きな山!行きたかった~ (>_<)

個人的な印象、針ノ木岳は男性的、蓮華岳は女性的な山。
賛同してもらえるかは分からないけど ^0^;

P1120341.jpg

白馬方面。
どこを何度見ても綺麗しか言葉が出てこない。

P1120358.jpg

山頂で、モーニングコーヒーを入れて景色を満喫。
風もなく穏やかで、寒さに震えることなく楽しめました♪

いつまでも眺めていたい景色に後ろ髪を引かれながら、テン場へ戻ります。

P1120383.jpg

剱岳を拝めるのもここで最後、綺麗な姿を見られて良かった♪

P1120390.jpg

テン場に戻ると、富士山、八ツ、南アを眺めることができました (*^^)v

P1120410.jpg

テントを撤収して下山開始。

雪渓の下り、気が重すぎます (ToT)/~~~

P1120413.jpg

登りもキツかったけれど、これを下るって… 
絶対に転げ落ちたくないと、ず~~~っと思いながら下ってました (-_-;)

P1120419.jpg

正面に爺ケ岳が綺麗に見えていたのに、
景色を楽しむ余裕は全然無かったです (>_<)

膝が笑うってよく言いますけど、太股も笑うって知ってました!?(笑)

P1120428.jpg

長い長い雪渓を下りきって、最初の一言。

「当分、雪渓はいいや。当分じゃなくて… 
もぅ二度といいかもしれない T-T 」

P1120446.jpg

帰りは疲労度が半端なかったので、大沢小屋で休憩しました。
小屋の中は、いい風が吹き抜けて最高に気持ち良かった♪

P1120451.jpg

美味しいコーヒーを飲みながら、小屋の御主人とお話して楽しいひと時。

P1120454.jpg

ここからは、山で出会ったお花の写真を。

P1120087.jpg

P1120100.jpg

P1120120.jpg

P1120121.jpg

P1120122.jpg

P1120127.jpg

P1120135.jpg

P1120220.jpg

P1120230.jpg

P1120234.jpg

P1120237.jpg

P1120229.jpg

P1120361.jpg

P1120365.jpg

P1120366.jpg

P1120381.jpg

P1120382.jpg

P1120393.jpg

P1120394.jpg

P1120396.jpg

P1120400.jpg

P1120401.jpg

シーズン最初だからか、慣れない雪渓歩きだったせいか、
今回は特に疲れました (ToT)/~~~

それでも、やっぱり山っていいな♡ って思いながら帰ってきました (*^^)v


スポンサーサイト

comment

mokos619 さんへ

はい! 良い山行になりました ^0^

山小屋、テント泊、どちらも素晴らしいですよ☆
まずは山小屋泊まりからどうでしょう (*^-^*)
ご来光だけでなく、夕暮れ時や、降るような星空もまた格別です!!

木曽駒や立山室堂などは、バスやロープウェイなどで
標高を稼げて、小屋もすぐありますし、気軽に素晴らしい
トレッキングができるのでファミリーにピッタリだと思います。

黒部ダムいいですね~ 
針ノ木の帰りに、黒部ダムも一度行きたいねって話をしてたところ
なんです(笑)
家族旅行楽しんできて下さいね♪
  • 2013/07/30(火) 09:42 |
  • ai |
  • URL
  • [編集]

no subject

aiさんこんにちは♪

本当に絶景ですね!
お天気も良くて最高の山登りでしたね(^^)
テント貼って山頂でご来光なんて、考えただけでも素敵~☆
まだ山小屋すら泊まった事ないですが(笑)
実は来月黒部ダムに行くんです。
駅は扇沢だったので、登山口まで一緒ですね(^^;)
ただの家族旅行なので観光メインですが、
どこか近くをトレッキングぐらいできたらいいな、と思ってます。

針ノ木岳、下から眺めてきますね♪
  • 2013/07/29(月) 22:01 |
  • mokos619 |
  • URL
  • [編集]

kae。さんへ

お久しぶりです!
猛暑日の雪渓の登りは堪えました(・・;)

大の字うつ伏せで休憩、結構気持ち良かったですよ(笑)
後方に団体さんがいたので、派手に転んでるわー
って思われてたと思います^^;
あの斜面では自力で立ち上がるしかないので
メンタル鍛えられました。。。
  • 2013/07/28(日) 12:43 |
  • ai |
  • URL
  • [編集]

こんにちわ^^
お久しぶりです。
いいお天気でヨカッタですね~。
針ノ木の雪渓、登るのも下るのも大変そう・・
うつ伏せ大で休憩しちゃったaiさん、
可愛いすぎます^^
  • 2013/07/28(日) 08:36 |
  • kae。 |
  • URL
  • [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2013/07/27(土) 22:15 |
  • |
  • [編集]

たかさんへ

お久しぶりです(^^)
地元の山もいいですけど、やっぱり北アルプスの
景色は別格で圧倒されます!

子守は、、、パワー入りますもんね www
パワーをお裾分けできてますか!? ^^;
だと、いいんですけど(笑)

同居の義父が段々と介護が必要になってきたので、
今後は調子を見ながらの山行になっていきそうです。
たまにブログを覗いていただくと、
不意打ちで山レポしてるかも…(笑) (*^^*)
  • 2013/07/27(土) 21:41 |
  • ai |
  • URL
  • [編集]

ブルさんへ

ご無沙汰してます(^-^)

同じ山でも季節が違う時に訪れると、
別の山のように感じますね〜。
雪渓歩きをなめていました…笑
白馬の雪渓もいつか登りたいと思っていましたが、
今回の経験から保留になりました(^_^;)

ご褒美の絶景を堪能できて、
心の栄養満タンです(o^^o)
  • 2013/07/27(土) 21:17 |
  • ai |
  • URL
  • [編集]

こんにちわ!

久しぶりにaiさん日記見ました(笑)
景色が素晴らしいですね。
私は夏休み期間に入り子守の日々です(笑)

aiさんはほんま充実しているなぁって日記をみていて思います。
私もaiさんパワーを日記から頂きがんばろっと(笑)

無事に帰宅して何よりです^^
  • 2013/07/27(土) 09:21 |
  • たか |
  • URL
  • [編集]

no subject

お久しぶりです。
すばらしい景色ですね。
見とれちゃいますわ。
重い荷物を担ぎ上げたご褒美を
ちゃんと用意しておいてくれました。
また行っちゃいますね。
  • 2013/07/27(土) 00:05 |
  • ブル |
  • URL
  • [編集]

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

ai

Author:ai
地元の低山や、夏のアルプス登山の
記録を細々と綴っています♪

険しい山よりも、縦走をしながら
景色を楽しむ山歩きが好きです。
100名山よりも、200名山・300名山
が好きだったりします…♡

山のお話ができたら嬉しいです ^^

気まぐれに、山以外の趣味についても
綴ったりします♪

カウンター

参加してます♪            Happy Toys Project

QRコード

QRコード

Comments...

Links

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。