スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲上の楽園 五色ケ原 【後編】

五色ヶ原でのテント泊。
夜中におトイレに起きた時、夜空を見上げると満天の星☆★☆
しばらく眺めていると、あちらこちらと、ひゅんひゅん♪と流れ星が! (*^0^*)
数分の間に10個は数えました♪

夜明け前。
もうすぐ太陽が昇る…と思いながら、二度寝 ^-^;

P1120759.jpg

目が覚めると完全に日が昇ってて、私達のテントと、もう一張りしか
残っていませんでした。 
この日は、五色ヶ原周辺をのんびりと散策して、
まったり一日を過ごす予定だったので、時間を気にせず気の向くままに。。。

贅沢っ♡

P1120765.jpg

テン場周辺には素晴らしいお花畑が広がっています。
チングルマがみんな太陽に向かって咲いている。可愛いなぁ♡

P1120772.jpg

今年は特に、コバイケイソウが、とても沢山咲いているそうです。
五色ヶ原へ向かてくる山道沿いも、コバイケイソウが圧巻でした。

P1120774.jpg

P1120784.jpg

今回は、タープテントを持って行って大正解でした。
タープの下で、景色を眺めて、ぼーっと過ごしているだけでも幸せ♪
吹き抜ける風が心地いい。。。

P1120786.jpg

テントの奥に見えているのは激下った獅子岳、その奥に鬼岳。

P1120789.jpg

テン場周辺だけの散策だけでは、ちょっと物足りないので、鳶山を登ることに。
まずは、テン場から山荘へ向かいます。

P1120796.jpg

山荘前の木道を道なりに進んでいきます。
雪渓と鳶山、青い空のコントラストが綺麗です。

P1120802.jpg

裏銀座の山並み。コバイケイソウの群生、本当にすごいな。

P1120821.jpg

空中散歩ができる木道が続きます。

P1120823.jpg

手前に越中沢岳、その奥に赤牛岳が見えてきました。
そして、屏風のように広がるのが、
野口五郎~雲の平~黒部五郎~薬師の山並みです。

P1120844.jpg

鳶山(2,616m)に着くころには、ガスってしまって残念な景色に。
山荘から鳶山までは、1時間かからなかったと思います。

この道はこの先、越中沢岳~薬師岳へと続いています。
素晴らしい展望の道だと思いますが、鳶山から眺めた感想としては…
越中沢乗越、スゴ乗越、ともにキツそ~ぅ (T_T)/~~~

P1120856.jpg

先月登った針ノ木岳、裏銀座の素晴らしさを教えてくれた野口五郎岳、
折立口から登った薬師岳を、こちら側から見ることができて感慨深い。
山荘へ向かって下る時には、爺ケ岳、鹿島槍、五竜、白馬の山並みまで
見ることができました。

テン場周辺に戻って、相棒 ニャン太の撮影会♪

五色ケ原2

P1120882.jpg

P1120892.jpg

P1120893.jpg

夕食時、後方にそびえる獅子岳を眺め、翌日の下山ルートについて悩む…
あれを登り返す気力ある? 登り返しは獅子岳だけじゃないよ。。。

んんん…っ 無理無理。 (-_-;)

地図を眺めながら、もう一パターンの下山ルートを選択。
このテン場から、黒部湖まで下り、黒部湖沿いを歩き、長野県側から
ケーブル・ロープウェイ・トロリーバスを乗り継いで室堂へ戻るルート。

このルートを下山に使うなら、富山県側からじゃなく、扇沢から入山すれば
良かったって話なんだけどね。。。

実際に歩いてみないと、山って分からないもので。
行きに歩いてきて、どーしても帰りに登り返す気になれなかった(笑)
帰りの方が行程が長く、登りがハードというのがね。。。 ^-^;

P1120896.jpg

翌朝は、3:30に起きました。
まだ星空が広がっていて、流れ星を見ながら、おうどんをすすりました☆

針ノ木岳のシルエットが綺麗です。

P1120916.jpg

私達、テントの撤収やら身支度に時間がかかるんですよ。
もっと手際よく片付けたいんですけど ^^; 
みなさん、なんであんなに手際がいいんでしょう。。。

P1120921.jpg

5:15 出発。 黒部ダムへ下りる道を進みます。
振り返ると、2日間お世話になったテン場が。 いいロケーションですよね。

P1120933.jpg

ブッシュの中に入るまでの間、素晴らしく美しい景色が広がっていました。
下山ルートとして使わなくても、テン場から少し足を延ばすだけで
この景色なので、散策で絶対に訪れるべき場所だと思います!

P1120940.jpg

烏帽子岳、野口五郎、赤牛岳

P1120948.jpg

下ってしまうのが勿体なくて、時間をかけてゆっくり景色を楽しみました♪

P1120962.jpg

P1120969.jpg

P1120996.jpg

P1120997.jpg

前日に登った鳶山(左)。

五色ケ原3

花弁が散ったチングルマの群生が、キラキラ輝いて綺麗でした♡

P1130004.jpg

ザラ峠。 あれを登り返すメンタルが無かった ^^;
私達はここから、黒部湖へ下ります。。。 さようなら~

P1130020.jpg

まず目指すのは、黒部湖沿いに建つ平ノ小屋。
小屋までは、涸沢のような下りが続きます。
雨の時には、おススメできないルートかも。注意が必要です。

P1130022.jpg

登山道の様子が変わるのは、刈安峠を過ぎた辺りから。

P1130029.jpg

ここからはブナ林で、枯葉が積もった道になります。

P1130033.jpg

下りに下って、黒部湖の端が目に入ってきた時は感動しました (>_<)
バスクリンのお風呂みたい(笑)

P1130041.jpg

やっと、平ノ小屋が見えた。意外と遠かった…

P1130047.jpg

テン場を出て、景色を楽しんで、一気に下って、ちょうど3時間かかりました。

P1130048.jpg

平ノ小屋からは、対岸に渡してくれる無料の船が出ています。
渡った先から、針ノ木岳や赤牛岳へ向かうことができます。

P1130049.jpg

小屋のベンチで休憩。黒部湖を遊覧船が行き交います。
ここから黒部ダムまで乗せてもらえたら、どんなに楽か… ^^;

平ノ小屋では、無料でお水を汲ませてもらえますよ◎

P1130050.jpg

P1130054.jpg

コースタイムでは、小屋から黒部ダムまで3時間。先は長いです。

P1130057.jpg

へぇ~ここが渡船場か。 

P1130060.jpg

私達は階段を上り、また山の中へ。。。

P1130062.jpg

黒部湖沿いを歩くといっても、平地ではないので、これがなかなか (>_<)

橋をいくつも渡り…

P1130071.jpg

こんな場所を通過したり…

P1130075.jpg

垂直の梯子を登ったり…。

P1130084.jpg

長い行程の中で、快適な道も所々。

P1130088.jpg

気持ちの良いブナ林も所々。

P1130090.jpg

でもでもでも、細かなアップダウン、入り組んだ湖に近づいたり
遠ざかったりを繰り返すこの道、想像以上に堪えました~ (ToT)/~~~

P1130094.jpg

精神的に参ったのが、ロッジくろよんの姿を確認した後。

近くに見えるのに、どんだけ入り組んでるの??? ってくらい、
湖と逆方向に歩かされます…(涙)そして橋を渡って、また湖に近づく。
それなのにまた、湖から遠ざかるの連チャン。。。

P1130096.jpg

疲労もピークになりつつあったので河原で休憩。
この時すでに、平ノ小屋から3時間。
ロッジくろよんに着いている予定だったのに。

P1130104.jpg

ロッジくろよん 着。 平ノ小屋から4時間かかりました・・・(+_+)

今まで大体、地図のコースタイム通りの時間で歩いてきたので、
1時間も誤差がでて、メンタルからやられました ^0^; 
よっぽど体力が奪われたのか、
地図のコースタイムが健脚者のものだったのか…???

コースタイムの時間をある程度目安にして計画を立てるのだけど、
今後はもう少し+αで考えないといけないかも。。。

P1130112.jpg

P1130113.jpg

ここまで来たら、黒部ダムまでは知れたもの。

P1130115.jpg

最後の最後に吊橋を渡って駅へ。

高所恐怖症の私は、この吊橋が一番の難関だったかもしれない (>_<)
建造物の高いところ、本当に嫌いなんです!
足に変なゾワゾワした震えが走るし、吊橋嫌いです…(涙)

P1130120.jpg

黒部湖からは、思ったよりもすんなり乗り物の乗り継ぎができて、
室堂経由、富山側立山駅へ無事下りました。

P1130124.jpg

五色ヶ原から黒部ダムへ下りるルートと、立山へ登り返すルート、
どちらが大変だったのか判断はつきません。。。

炎天下の中、縦走しながら立山へ戻るよりは、日陰で下りの方が
楽だろうと思った黒部湖のルートは、なかなかハードでした ^^;

けれど、なかなか立ち入れない黒部湖の奥まで踏み込めたのは
新しい発見でもありました。

五色ケ原1

念願だった五色ヶ原は、期待を裏切らない美しい場所で嬉しかったです♡
お盆休みとは思えないくらい、静かでゆったりした山行が楽しめました。

良い思い出がまた一つ増えました。 バッジも可愛くてお気に入り (*^^)v


スポンサーサイト

comment

devilmanさんへ

おしい! 私達は11日~13日に出かけました ^^
そうですね、本当に似たような山域を歩いていますね(笑)

北アも表の方面は結構歩いたので、今は裏や立山方面が
マイブームかも…
先月は針ノ木、今月は五色ヶ原と、黒部ダム周辺を
満喫したので、来月はちょっと行く方面を変えたいかな~と
思っています。

それにしても剣岳はやっぱり怖い…
写真を見ただけで足がすくみます ^0^;
登頂日は素晴らしいお天気で良かったですね!
やはり今年はどこも、コバイケイソウが凄いことになってますね☆
  • 2013/08/28(水) 09:46 |
  • ai |
  • URL
  • [編集]

おんなじ様なときに、おんなじ様なところに

こんにちは。まさか同じ日とは思いませんが、
お盆休みの入り口に、室堂から剱、立山縦走し、ロッジくろよんに降りて、ダムから扇沢にでました。
なんだか、本当にドピーカンとおんなじ様なお天気で、おんなじように黒部ダムを見下ろしていましたから、似たようなところにも似たような時期に行くのは、僕とaiさんたちのさだめなのかもね。
レポ、見てくださいね。行ったのは、10日~12日です。
  • 2013/08/28(水) 02:06 |
  • devilman |
  • URL
  • [編集]

mokos619さんへ

全然私のレポ凄くないです ^0^;
mokos619 さんのレポからは、ご家族の楽し気な山行が
伝わってきて、ほっこりします♥

次男くんの、雲の上に乗りたい発言…可愛い~♪
私も乗りたい…♪

今回は片道で12,13kmってとこでしょうかね…曖昧ですが。
日常生活では絶対に歩く気にならない距離ですが、
不思議と山だと歩けるんですよね。。。
テント泊も、ハマると止められません (*´∀`*)

そうなんです、黒部ダムのつり橋から、ず~っと
山の上まで登山道が続いてるんですよ! 
道を作った方が凄いと思います。。。

  • 2013/08/23(金) 20:09 |
  • ai |
  • URL
  • [編集]

no subject

aiさんこんにちは♪

いや~、すごいですねー!
ため息出ちゃいそうなすごいレポです。
私のと大違い(笑)
山の上のお花畑、壮大な景色、どれもステキです♪
テント担いで往復どんだけ歩いたんですかー?
山の上でのテント泊、本当に憧れます~♡

最後の黒部ダムのつり橋、私も行きましたよー(駅から歩いてだけど)
反対側から大きなリュックしょった方が歩いてきて、
どこから来た?って思ったんですけど登山道があったんですね。
aiさんのレポ見たら、私の黒部ダム記事ショボ過ぎてアップできないかも(するけど)笑
  • 2013/08/23(金) 11:02 |
  • mokos619 |
  • URL
  • [編集]

ブルさんへ

山の上でお花畑が広がっていると、
天国ってこんな場所かと思っちゃいます(笑)
五色ヶ原は、ボーっと過ごすには最適です。

ブルさんのレポを読みましたが、今年はどこも
コバイケイソウの当たり年なんですね。
双六も道中のお花畑が綺麗な場所ですよね~!

双六は登りもですが、下りも足にきますよね。。。
いつも、ふらっふらになって帰ってきます (T_T)

でも、やめられませんよね。同意♪
  • 2013/08/23(金) 09:55 |
  • ai |
  • URL
  • [編集]

たかさんへ

ただいまです ^-^

山の夏って本当に短いですよね。
あっという間に終わってしまうから
待ち焦がれて惹かれるのかもしれないです☆

私も小屋閉めの10月くらいまでは、
なんとか出かけたいなと思っています。

にゃん太は手編みで作ったので愛着があるんですよ。
遠出の山行にはいつも連れて行っています(*^-^*)

主人の後姿、かわいい…ですか???
今度よく見てみます (^m^)~~ (爆)

  • 2013/08/23(金) 09:45 |
  • ai |
  • URL
  • [編集]

no subject

こんばんは。
お花畑に山の景色。すばらしいですね。
こんなところでぼぉーっとしたいです。
私も今回新穂高から双六小屋に行きましたが
10時間もかかりました。完全にやられました。
でも、やめられません。
  • 2013/08/22(木) 23:04 |
  • ブル |
  • URL
  • [編集]

おかえり^^

よい夏の山行ができたみたいですね^^
やはり高山には高山の景色の良さがあるね。
山の夏も終わりにきていますね。
山の夏が終わるまでに私もどこかに出歩いてこようと
思います^^;

にゃんたかわいいですね。旦那さんの後姿もかわいいけど^^
  • 2013/08/22(木) 19:48 |
  • たか |
  • URL
  • [編集]

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

ai

Author:ai
地元の低山や、夏のアルプス登山の
記録を細々と綴っています♪

険しい山よりも、縦走をしながら
景色を楽しむ山歩きが好きです。
100名山よりも、200名山・300名山
が好きだったりします…♡

山のお話ができたら嬉しいです ^^

気まぐれに、山以外の趣味についても
綴ったりします♪

カウンター

参加してます♪            Happy Toys Project

QRコード

QRコード

Comments...

Links

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー+最終更新日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。