スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南岳~大喰岳~中岳~槍ヶ岳&下山 編

1日目 8/14 槍平 編は、こちらから → 
2日目 8/15 南岳新道 編は、こちらから → 

3日目 8/16の朝、南岳小屋前のテン場にて。
正面に、う~っすらと稜線が。抜戸岳~笠ヶ岳への稜線かな・・・

P1050493_convert_20110825092514.jpg

小屋の方を振り返ると、随分 明るくなっています。 そろそろか?

P1050494_convert_20110825092552.jpg

あんな所にも、ご来光のシャッターチャンスを狙っている方が。

P1050499_convert_20110825092623.jpg

私達は南岳山頂へは向かわず、小屋裏の小高い丘へ。

P1050498_convert_20110825092651.jpg

南岳小屋とテン場、なだらかな山頂の南岳に、、、奥は中岳か!?

P1050511_convert_20110825092726.jpg

ズームにしてみたら・・・ あーっ! 槍さんが頭を出してる♪
今日は、あそこまで歩くのね ^^ 近そうに見えて遠い感じ。

P1050507_convert_20110825092752.jpg

そ・し・て、間近で見てみたかった大キレット!

スッキリ晴れてはいないけれど、雲をもくもくと吐き出している光景がかえって
凄味を感じさせている。 カッコイイ~ o(^0^)o

P1050514_convert_20110825092928.jpg


P1050503_convert_20110825092824.jpg

穂高の山々。

P1050510_convert_20110825092855.jpg

北穂の小屋の明かりがついてますね。 
去年は、あそこのテラスでビールを飲んだっけ☆ 

P1050515_convert_20110825093001.jpg

私は、大キレットは眺めるだけで十分 ^^;
こんなに切り立った尾根を下ったり登ったりする勇気はありません(笑)

P1050516_convert_20110825093027.jpg

神様ありがとう☆ 私のお願いを叶えて下さったんですね!
完璧な御来光です (*^m^*)

正面に見えるのは常念岳です。
先月は、常念岳の鞍部に立ち、今 私が立っているこの稜線を見上げ眺めていた。。。
そぅ 考えると、何かすごいな (^^ゞ

P1050513_convert_20110825093112.jpg

実は 奇麗な御来光に浸っていられたのは、この数秒だけ、、、

下界から吹き上げて来る強風が、怪しげな雲を連れてやってきた (-"-)
太陽と雲が合体して不思議な光景に。
写真に収められたと思ったのもつかの間・・・一瞬で真っ白な世界になってしまいました!

真後ろの大キレットも何処へ~!?

あっという間の御来光。。。
確かに、昨晩 神様にお願いをしました。「御来光は見させて下さい!」
そして、確かに叶えて頂きました!

が!!

青空も覗いたあの一瞬は何だったのだろう? と思えるほどの、天気の急変 (ToT)
ちょいと、山の神様 いじわるではないですか。。。^^;

P1050518_convert_20110825093140.jpg

テントに戻り、携帯の雨雲レーダーをチェック。
どうも天気の回復は望めないようです (;一_一)

この稜線歩きを楽しみにしていただけに、主人のテンション↓↓ ^^;

なんだか、すみませんね。。。 
天気悪いの私のせいじゃないと思いたいけど、何となく冷やかな視線が痛い。。。

写真には写らないけれど、結構な強風が吹いてます。
さぁ 雨雲にも、強風にも負けず出発です!

P1050520_convert_20110825093209.jpg

『南岳』(3,033m) ・・・何も見えない。 サックリ 次へ行きましょうか(笑) 

P1050523_convert_20110825093237.jpg

視界何m? 消えゆく主人の背中。。。

P1050529_convert_20110825093302.jpg

日が差さないだけで、こんなにも雰囲気が暗くて怖くなるものなのか ^^;

P1050531_convert_20110825093330.jpg

そして、今回の最大の難所。中岳への巻道。 こんな場所なのに鎖も付いていない!
たった数mのこの巻道が恐ろしい。

山好きのくせに高所恐怖症という私、涙がチョチョ切れるかと思うほど怖かった。
行ってみたら意外と大したことなかった。で済むかなと思っていたら・・・(>_<)

途中で前にも後ろにも足が出なくなってしまった (ToT)
岩にしがみついて固まる(涙) 落ちたくないょぉ~(泣)

自力で歩ききるしかないこの道。先には主人と数人のギャラリー ^^; 
「遅くてすみませ~ん(>_<)」と声をかけるものの、みんなの顔が引き攣っている。
その顔を見て悟りました。。。
「あ”~っ… 私って、いま相当ヤバイ感じなのね」 

P1050535_convert_20110825093359.jpg

どうにかこうにか歩ききったら、どっと疲れが出ました。
余程 力んで岩に掴まっていたのか、腕も痛い痛い ^^;

薄暗くて、ここも何だか怖い雰囲気を醸し出してますよ。
晴れてたら全然違うだろうに。。。

P1050540_convert_20110825093430.jpg

3000mの稜線歩き、ちょっとした登りでもすぐに息が上がってしまいました。
あと、強風にも体力を奪われますね。
今年は、稜線歩きの厳しさを嫌という程、勉強させられている気がします ^^

P1050544_convert_20110825093501.jpg

中岳への登りが少し辛かった。

P1050545_convert_20110825093529.jpg

チングルマも すっかり秋の装い☆ 朝露と風に揺れて奇麗です・・・

P1050548_convert_20110825093558.jpg

『中岳』(3,084m) 相変わらず真っ白~

P1050553_convert_20110825093635.jpg

突然 道がなくなりましたょ・・・

P1050555_convert_20110825093706.jpg

(+_+);  垂直に2段構えの梯子が掛かってます。
苦手だな・・・こういう高度感。

P1050557_convert_20110825093743.jpg

どのあたりまで歩いてきたのかさえ分りかねる景色の中、『大喰岳』(3,101m)。
本当なら、槍は目の前に見えるのではないですか!? ^^;

P1050562_convert_20110825093812.jpg

飛騨乗越まできました。

P1050565_convert_20110825093840.jpg

後は、ここを登れば 槍ヶ岳のテン場でしょ? って見上げたら、青空じゃん!!

P1050570_convert_20110825093913.jpg

振り返ったら、歩いてきた大喰岳からの道も見えている。
稜線上で全く景色が見られなかっただけに、この一瞬が嬉しくてうれしくて♪

これも頑張ったご褒美!?

P1050573_convert_20110825093943.jpg

上は、どんな景色なの? って気が急くけれど、体がついてこない ^^;

P1050576_convert_20110825094012.jpg

あせらず花の写真を撮りながら、最後の登り。

P1050577_convert_20110825094044.jpg

おぉ~ 雲が切れた! このまま天気が回復してくれればいいのにな・・・

P1050579_convert_20110825094558.jpg

テン場の看板が見えている。 あと少し。 もうすぐ行くから待ってて~!

P1050580_convert_20110825094631.jpg

えっ!? え”~っ え”~っ (;一_一)
なぜ???
あんな青空だったのに? 一瞬でまたこれ? 不思議です。

とりあえず無事に到着できたので、テントを張ってゆっくりしようってことに。

P1050583_convert_20110825094657.jpg

テントを張っていたらまた晴れて、槍ヶ岳の頭がテン場から見えました!
写真では見にくいですが、梯子を登っている人達が沢山見えました。

P1050585_convert_20110825094727.jpg

晴れ間は長続きせず、お昼を食べている間にまたガスる。
今日は期待できないかな~って感じで・・・ 食後、私はお昼寝 zzz ^^ 

目を覚ました私に、主人が、デジカメの写真を見せてくれました 『槍ヶ岳』!

「なんで起こしてくれんかったの~!!」 o(>_<)o

「あまりに爆睡してたから。。。」

もしや・・・、私を連れて行くと雨が降るから起こさなかったんじゃないでしょうね。。。

P1050592_convert_20110825094827.jpg

私も見てくる! っと、小屋前へ出てきたのは良いけれど、どんより~。
常念岳方面の景色は何とか見えましたが、槍ヶ岳は雲の中。
目の前にそびえているはずなのに、存在を消している。。。

P1050604_convert_20110825094903.jpg

風も半端なく吹いてきたのでテントへ戻ると、タイミングを見計らったかの様に豪雨。 
なんですか??? (-_-;)

主人 「山の神様、めちゃくちゃ怒ってるやん。 ai~ 何しでかしたんや!?」

何にも! 何にもしてませんけど~!! (;゚Д゚)



この日は、雨の降り方と風が、今までに経験したことがない程 酷かった。
隣にいた山岳部の子達が、途中でテントを撤収して小屋へ非難してしまった時は、
そんなにヤバイの!? って不安になりました ^-^;

夜中も何度となく、テントを底から持ち上げられて、飛ばされないよね・・・? 
と、目が覚めました。

穏やかな山はなんて麗しい☆って感じなのに、一度 荒れだしたら抵抗する術はなく
その底知れぬ脅威に怯えるばかり。自然の厳しさを身に沁みて感じました。



荒れ狂った夜が明け、最終日の朝。
あんなに雨降ったんだから、意外とカラッと晴れてたりして・・・ チラリと覗いてみる。

・・・ですよね~ T0T;

P1050610_convert_20110825094942.jpg

ここまで白ければ、諦めもつきます。 撤収、撤収(笑)

P1050613_convert_20110825095118.jpg

太陽が厚い雲に阻まれて、顔を出してくれません。

P1050617_convert_20110825095153.jpg

下りは、ほぼこの様な天気でした。 ぼや~っと浮かび上がる山。

P1050633_convert_20110825095308.jpg

チングルマの群生地。
7月にこの場所を訪れたら、どんなに綺麗だろう。。。

P1050636_convert_20110825095337.jpg

飛騨沢から雲が湧いてきています。

P1050646_convert_20110825095458.jpg

時々、風が雲を連れ去って走り抜けると、サーッと景色が開けます。
天気の良い日に歩いてみたかった。雄大な景色に間違いない!

P1050651_convert_20110825095405.jpg

槍ヶ岳のテン場から槍平まで下って、小屋で休憩後、新穂高まで一気に下りました。
休憩を含め約7時間。
さすがに最後の1時間は、しんどくて、二人とも変な歩き方 ^^;

決して、今回の4日間が良い天候に恵まれたとは言えませんが
それでも、急登の南岳新道をテント装備で登りきったこと、3000mの縦走を
歩き通せたこと、、、充実感で一杯です☆彡

P1050695_convert_20110825095702.jpg

それでもやっぱり、今回見られなかった雲の向こうの景色・・・気になります (^m^)
また いつかね。。。♪

スポンサーサイト

comment

shinjiくん

涸沢どうだった!?
しげさんが仕事で行けませんでした…
行きたかったな~(;-;)

どうも二人で出掛けると、私の雨女パワーが勝るようで^^;
妖艶な山が見たくなったらいつでも誘って ^^(笑)

今回は合羽を着て、じっとりした汗を搔いたりしたから
最終日はも~ぅ、温泉のことばっかり考えて歩いてた ^-^; 
一応、乙女だからね…
4日もお風呂に入れないのは、さすがに辛かった。。。

夏山も終わりだな~って、ちょっぴり寂しくもなりました (-"-)
  • 2011/08/30(火) 10:47 |
  • ai |
  • URL
  • [編集]

こんにちわ(^O^)/

山は同じ所に登っても毎回違う顔を見せてくれるから素敵だよねd(^_^o)
僕なんか晴れた山頂ばかりでしっとりと濡れた妖艶な山の頂きとかあまり見れてないし( ̄▽ ̄)ニヤリ

何泊かしてると、山を降りるのが名残惜しくなるよね

充実した山行になったようで(^^)

  • 2011/08/29(月) 11:11 |
  • shinji |
  • URL
  • [編集]

ふみさん

無事に帰ってきました~☆彡
南岳新道は、登りごたえ十分でした^^
ホントに私の足、立派でたくましい(笑)

ふみさんのレポを見て、行ってみたい!!って
急遽 南岳経由にしたんですが、お天気は残念な結果に。。。
でも、念願の大キレットを目の前で拝むことができて大満足です♪

槍も、強風で登るのを諦めたんです T0T
高所恐怖症なのに登れるのかという不安もありましたし^^;

槍へ向かう稜線歩きは、またまたリベンジだな~ 
去年も双六~西鎌尾根は雨で撤退してます。。。
どうも、槍方面は・・・相性がイマイチなようで ^0^;

南岳小屋のドーナツを見つけたとき、ふみさん情報で
「あ~ これだこれ!」って即買いでした♪
コロンと可愛くて美味しくて安い! 
手作りな所がまたいいよね♪
  • 2011/08/27(土) 14:38 |
  • ai |
  • URL
  • [編集]

こんにちわ

aiさん、おかえりなさい (^O^)
レポ、ぜんぶ拝見しました。
南岳新道、最初におどかしてしまってごめんなさい(笑)
あまり時間がかからず到着されてよかったです♪
お天気がやや不安定だったようですが、テント装備で歩きぬいたことは、すごいです!
ご自分の足を褒めてあげましょう \(^o^)/
わたしは、このコース、最後なごり惜しくて、槍の穂先に、「またね!」と言ってお別れしたよ。
おたがい、また槍に会えるといいですね♪
そうそう、南岳小屋のドーナツ、プチプライスな上に美味しいよね (^O^)

devilmanさん

本当にタイミングですよね~
下界では曇っていても、登ったら晴れてるってことも
ありますし、山ばかりは登ってみないと分からないですね。

私達の体力では3泊4日の荷物で限界でした^^;
自分たちの限界に挑戦した山行でもありました。
年々、たくましくなっていっている気がします(笑)

来月は連休もありますし、またどこかへ出かけられたら
いいな~と考えています♪
  • 2011/08/26(金) 12:29 |
  • ai |
  • URL
  • [編集]

ブルさん

今回は携帯で雨雲レーダーを見てたんですけど、
結構正確な情報でこれは使える!って感じでした☆

南岳新道を重い荷物を担いで登りきれたことは、
私達にとって、ちょっとした自信にはなりました(^^)v

槍はどのコースも距離がありますし、体力のあるうちに
もう一度、私もチャレンジしてみたいと思っています♪
  • 2011/08/26(金) 12:10 |
  • ai |
  • URL
  • [編集]

お疲れ様でした。

お天気も、少しタイミングがずれると
大変なことになっちゃうんですよね。
でも、テントしょって頑張られたこと、
拍手しちゃいます。
次回、良いお天気に恵まれますように。

お疲れさまでした。
天候はどうしようもないですね。
山はいつもそこにあるので、また
チャレンジですね。あそこまで
テント担いで行ったところがまず
すごい。わたくしには到底できませぬ。

いつかは行ってみたいです。
  • 2011/08/25(木) 22:43 |
  • ブル |
  • URL
  • [編集]

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

ai

Author:ai
地元の低山や、夏のアルプス登山の
記録を細々と綴っています♪

険しい山よりも、縦走をしながら
景色を楽しむ山歩きが好きです。
100名山よりも、200名山・300名山
が好きだったりします…♡

山のお話ができたら嬉しいです ^^

気まぐれに、山以外の趣味についても
綴ったりします♪

カウンター

参加してます♪            Happy Toys Project

QRコード

QRコード

Comments...

Links

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー+最終更新日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。