スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飴色に輝く タルトタタン♪

夕食後、ほんの10分、15分 眠ろうと横になって、、、
目覚めたら3時間半も爆睡していた真夜中のこと。

TVをつけると、NHKで 『プロフェッショナル 仕事の流儀』 が放送されていた。
そしてこの回、ピックアップされていたのは、カリスマ主婦・料理家で知られる 栗原はるみさん。

最初は寝惚け眼で、ボーッと見ていたんだけど、栗原さんが作る 『タルトタタン』 を見たら
あまりに美味しそうで釘付けになってしまった (^0^)

パリで口にして感激したその味を再現したそう。甘酸っぱくて、とろけるおいしさらしい (*´∀`*)

どんな味? どんな味なの~~~!? 

↓ 栗原さんの 『パリのタルトタタン』

hn2rea0000000zhw.jpg

栗原さん曰く、、、
「100人が作ったら、100人がおいしく作れるレシピ」 を考えていると。

それならば・・・ 私も作ってみたい♪

レシピは、残念ながらTVでは紹介されませんでした。
わざわざ本を買うのもな~と、後日 ネットで検索してみたら、
沢山の視聴者の方が、タルトタタンを作られたみたいで、記事を読んでいる中で
大体のレシピがわかったので、作ってみることにしました。

特別な材料は何もいらないところも◎

  りんご、お砂糖、バター、ラム酒、シナモン、冷凍パイシート、+(レモン汁)


りんごは酸味の強い紅玉が良いらしいですが、お試しだから家にあるものでいいや ^^;

家にある糖度の高いりんごを使うことにしてみたけれど、砂糖の量をどれぐらい減らそう???
思い切ってレシピより -50g。 甘すぎるお菓子は好きじゃないしね…。


①りんごを鍋に入れて温めて、バターを入れて絡めて、砂糖を加えてまた絡める

P1070434_convert_20111029180357.jpg

②中~弱火で、落し蓋をして10分。ラム酒とシナモンを加えてさらに10分。

P1070436_convert_20111029180446.jpg

③落し蓋を取って、強火にして煮詰めて照りを出す。(レモン汁を足しました)

P1070440_convert_20111029180554.jpg

④油脂を塗った耐熱皿にりんごを並べ入れて、フォークで数カ所刺したパイシートを被せる。
 (お皿からはみ出たパイシートは、お皿の中に入れ込む)

P1070441_convert_20111029180634.jpg

⑤250度に余熱したオーブンで15分焼いて完成!

P1070444_convert_20111029180707.jpg

冷めてから、お皿をひっくり返すと・・・ 
『パリのタルトタタン』ならぬ、『飴色に輝くタルトタタン』  o(^-^)o

P1070446_convert_20111029180749.jpg


簡単で、本当にとろける美味しさ!! 
焼きりんごがとろとろです (*´∀`*) 

栗原さん、素敵なレシピを考案して頂きありがとうございますって感じ ^^ 
このレシピを完成させるために、50回近くもタルトタタンを焼いたのだとか。。。
凄いな ^^; さすがプロですね…

思い切って砂糖を50g減らしましたが、程よい甘さになってホッ♪
反省点は、落し蓋で煮るときに、もう少し強火で煮れば良かったかな。。。

本来のレシピ通りに紅玉を使ったら、どんな味になるのかな?
酸味が加わって、もっと大人な味になるのかな!?
今度、紅玉を手に入れたら、また焼いてみよう☆

スポンサーサイト

trackback

プロフィール

ai

Author:ai
地元の低山や、夏のアルプス登山の
記録を細々と綴っています♪

険しい山よりも、縦走をしながら
景色を楽しむ山歩きが好きです。
100名山よりも、200名山・300名山
が好きだったりします…♡

山のお話ができたら嬉しいです ^^

気まぐれに、山以外の趣味についても
綴ったりします♪

カウンター

参加してます♪            Happy Toys Project

QRコード

QRコード

Comments...

Links

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

カレンダー+最終更新日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。